看護師

看護師 転職

新人看護師が辞めた後、自分に合った職場を見つける

投稿日:2022年5月21日 更新日:

新人看護師 辞めた後の職場探し

新人看護師の転職
辞めたい新人看護師

看護師1年目、看護師になったばかりだけど、もう辞めたい・・・失敗も多いし看護師の仕事向いていないかも。先輩とも合わないし、今の職場で看護師を続けていくの無理だな・・・

新人看護師として研修、仕事を覚えるために頑張っている方も多いと思います。

でも、やっぱり看護師の仕事は大変。
失敗することも多くて、自分が看護師に向いていないかも・・・と悩んでしまう方も多いようです。

実際、新人看護師の退職、転職も多いのですよね。

新人看護師が辞めるのはあり?でしょうか。

結論からいうと、ケースによっては「あり」です。

基本的には最低でも1年以上は勤めた方が経歴に傷はつきにくいです。

とはいえ、精神的・身体的に追い詰められるような働き方になっているのであれば、早めに退職・転職を検討した方が良いでしょう。

本当に精神的な不調、体調を壊してしまうと社会生活への復帰に時間を要してしまうからです。

辞めたい理由を明確にして転職活動を行えば、新人看護師であっても転職先を見つけることは可能です。

そのために相談できる転職エージェントも、文中でご紹介をしています。

新人看護師が辞めた後、転職して自分に合った職場を見つける方法ご紹介しています。

新人看護師として辛い、今の職場を辞めたいとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみて頂けたら嬉しいです。

新人看護師 辞めた後の転職は難しい?

新人看護師が辞めるか悩む

実際のところ、新人看護師が辞めた場合(在職中に転職活動をする場合)難しさはあります。

  • 新人看護師向けの求人は少ない
  • またすぐに辞めるのでは?と思われることがある
  • 転職先の体制によっては、教育を受けられない
  • 転職先選びに失敗すると、短期離職を繰り返す可能性がある

といったことなどが理由です。

基本的には多くの病院、クリニックは即戦力となる看護師を採用したいと考えるからです。

とはいえ、中には経験が浅い看護師の中途採用に積極的な病院もあります。

その際、転職理由、志望動機が重要になります。
しっかりと前向きな転職理由を作り、応募書類や面接対策を行いましょう。

しかし、看護師1年目で転職に自信が無い、という方も多いと思います。

そうした場合には、転職活動のサポートを利用する方法がおすすめです。

退職理由、次の職場に対しての希望、将来的なビジョンなどを共有し、あなたに合った職場探しをサポートしてくれます。

1年目の看護師といった、経験が浅くても応募可能な病院やクリニックの求人を探してくれますし、応募書類の添削、面接対策もサポートしてくれます。

一人で転職活動をするよりも高い成功率が得られるのが、転職エージェントを利用するメリットです。

新人看護師の転職にもおすすめ、看護師転職エージェント

新人看護師が辞めた後の職場探し

看護師になってみて、実習とは違う現実の仕事の大変さにプレッシャーを感じたり、夜勤が始まって体力的に限界を感じたり・・・プリセプターや先輩ナースの人間関係に悩みを抱えたり・・・

色々な理由から今の病院を辞めたい、と考えるケースがあると思います。

そうした看護師さんの気持ちに寄り添って、あなたに合った職場、働きやすい病院などを探すサポートをしてくれる看護師専門の転職エージェントをご紹介します。

いずれもサポートの手厚さからおすすめの看護師転職エージェントです。

特にマイナビ看護師は例年、高い評価を得ています。

看護師として転職をお考えになる場合には、こうした看護師の転職支援を専門とする転職エージェントをご活用ください。

新人看護師が辞めたい理由

新人看護師が辞めたい理由

新人看護師で仕事を辞めたい、と思う理由で多いものをご紹介します。

ミスが多く看護師に向いていない、辞めたいと悩む

新人看護師はどうしてもミスが多くなります。
知識、経験が圧倒的に足りないから、ということが主な理由になりますが、看護の現場ではミスが許されないこともあります。

小さなミスであっても疲労も重なり、いずれは大きなミスを引き起こすのでは・・・と不安になる新人看護師さんも多いと思います。

実際、インシデントが起きたり、大きなミスを起こして先輩看護師に怒られる、といったことがあるかもしれません。

自分は看護師に向いていないのでは・・・と悩み辞めようと考えてしまいます。

仕事に慣れてきたと思っても、業務量も増え忙しくなり、結果としてミスが増える・・・というケースもあります。

職場の人間関係

女性が多い看護業界、やはり職場の人間関係が悪いことから退職するケースも多いようです。

もちろん人間関係が良い職場もありますが、話を聞いていると少数のように思えてきます。

プリセプターや上司、同僚との人間関係も相まって、看護師の仕事を辞めたいという気持ちに傾くケースが多いといえるでしょう。

看護師の仕事が大変なのに、給料が安い

看護師の仕事は精神的・身体的にも大変です。

病院によって夜勤が始まる時期は異なりますが、早いところはゴールデンウイーク明けなどから夜勤が始まるようです。

夜勤もあり、体力的に限界を感じる新人看護師さんも多いと思います。

なのに給料は安い・・・

看護師の給料は基本的には病院の規模の大きさに比例します。

地方の規模な小さい病院になると、激務なのに給料は低いために大きな不満を感じる看護師も多いのではないでしょうか。

給料が全てではないですが、やはり働く以上、理想だけではなくお金も重要です。

激務に対して給料・年収が低いからと辞めて転職するケースは思いのほか多いのです。

夜勤が辛い

新人看護師も一定期間のトレーニングが終われば、夜勤に入ることになります。

慢性的な人手不足により、夜勤の人数が足りていない病院は多いと言われます。

夜勤こそ、経験不足で不安が大きいもの。
加えて人手不足により、受け持ちも多く忙しい日は仮眠が取れず、休憩も満足に取れない・・・

体力的な限界を感じてしまい、早期退職につながるケースも。

看護師の仕事のプレッシャーに耐えられない

看護師の仕事は命に直結することもあります。

新人看護師であってもミスは許されないため、プレッシャーや責任の重さを感じ、それに耐えられない・・・と辞めたいと考える人も多いようです。

責任感が強い人ほど、その傾向はあります。

新人看護師1ヶ月、2ヶ月で退職

新人看護師として働きだし、最初は理想の看護師になるために希望に胸をときめかせていたとしても、すぐに厳しい看護の現実にぶち当たり・・・

看護師として働き始めて1ヵ月、2ヵ月といった短期間で辞める人もいます。

無理に合わない職場で働き続けて、心身が崩れてしまうよりは、職場を変えた方が良いというのも事実です。

ただし、上司に相談して働き方を改善出来たり、問題に対処できるケースもあります。

2ヵ月など短期退職すると、ネガティブな印象を与えやすくなりますから安易に退職・転職を選ぶのは、できれば避けた方が良いと言えます。

今の職場では無理、という明確な辞めたい理由がある場合には、転職を考えるのも方法です。

新人看護師が辞めたい時期

辞めたいを悩む新人看護師

新人看護師が辞めたい時期は、大きく2つです。

  • 入職後3ヵ月
  • 入職後6ヶ月(半年)

入職して3ヵ月の時期は、徐々に一人で看護する機会も増えてくる時期です。

また、そろそろ職場にも慣れて様々な状況が理解できてくるとともに、人間関係に悩む時期でもあります。

特にプリセプターと性格が合わないと大変です。

中にはきちんとした指導を受けられずに技術が身に付かないという不満を抱えたり、いじめを受けているといったケースになると悲惨です。

新人看護師の退職理由として人間関係も上位にきますので、退職の引き金になるといえます。

入職して半年の時期も新人看護師が退職しやすい時期です。

半年して辞めたいと考える理由としては、仕事についていけない、看護師に向いていない、体力的に無理といったものです。

夜勤に入り始めると、さらに仕事が大変に感じてしまうようになります。
実際、体力的にも大変なのが夜勤です。
何年経っても夜勤は大変、と感じる看護師が多いのですから。

入職して半年経つと、1年目の看護師であっても業務量も増えてきます。

やるべき仕事は増えるのに、スキルが追い付いていないことから負荷がかかりミスが増える。

結果として看護師の仕事が向いていないと感じる、夜勤もあり体力的には限界・・・ということから、辞めたい気持ちが強まる時期でもあります。

新人看護師が辞めた後、ニートになるのは避けたい

気力、体力ともに尽きて辞めた新人看護師が陥りやすいのが、ニートになることです。

少し休んでから、これからのことを考えたい・・・と働かずに実家で暮らす、つまりニートです。

ニートになると、色々と困ったことが起きてしまいます。

お礼奉公をしていた場合、退職してしまうと奨学金の支払いをしなくてはなりません。
基本的には一括返済となります。

貯金があれば返済金額を賄うことが出来ますが、そうではない場合、誰かに肩代わりしてもらう必要があるでしょう。

分割の支払いにできたとしても、ニートで貯蓄が無ければ毎月支払うのは困難です。

また看護師の仕事を辞めてニート期間がつい長くなってくると、職場復帰が難しくなってしまいます。

元々スキルがあるとはいえない1年目の看護師。
ブランク期間があることで、採用されにくくなってしまうのです。

特にブランクが空くと採血や注射に苦手意識が強くなる方も多いでしょう。

ニート後の再就職は、研修体制がしっかり整っている病院を狙って中途採用してもらえるように転職活動をすることが重要になってきます。

自分ではなかなか詳しい内部事情、研修体制を知るのは難しいですから、

看護のお仕事

のような看護師転職エージェントを利用して情報収集されると良いでしょう。

新人看護師が辞めた後、幸せになる方法

看護師を辞めて、幸せになるために自分に合った働き方を実現することが大切です。

お金を稼ぐ=仕事をする

ことが生きていくためには必要です。

看護師の仕事をすっぱりと辞めて、異業種で頑張る方も少なからずいます。

しかし、多くの方は看護師の資格を活かして働くことを選択されるようです。

看護師の職場といっても、本当に様々な職場があります。

人間関係が良い職場、患者さんとしっかり向き合って働ける職場、体力的に無理なく働ける職場、高給与が得られる職場。

色々とあります。

大切なことは、看護師としてどんな働き方をしていきたいかを明確にして、それに沿った職場探しをすることです。

仕事をせずにニート生活が続くのも、結構辛い毎日になってきます。

ニートの末路は悲惨なものです・・・

仕事にやりがいを見出し、生き生きと毎日を過ごすことが、やはり幸せになるために必要だといえるでしょう。

看護師を辞めた後に後悔するケース

看護師を辞めた後に後悔するケースとして、

  • 別の仕事に就いたけれど、やっぱり仕事で辛いことがある
  • 看護師だった時の方が給料が高かった
  • 異業種転職したけれど、遣り甲斐を感じられない
  • ブランク期間が空きすぎて、看護師に戻れない

といったことなどがあります。

看護師の仕事から離れてみて、やっぱり未練がある方も中にはいるようです。

ブランク期間が1年、2年といった期間であれば、まだ看護師として再就職できるケースもあります。

しかし5年、10年と空いてしまうと、転職活動は難航します。

全くの未経験として真摯に学ぶ姿勢も大切になってくるでしょうし、病院としても未経験者を採用するなら若い看護師の方が吸収力もあり教えがいもある、といったことになります。

長く活躍してもらえるのも若い看護師です。

看護師を辞めて本当に後悔しないかどうか、見極めてから退職願を出す必要があります。

新人看護師が辞めた後に後悔しないために

新人看護師が辞めた後に後悔しないためには、次のポイントを抑えてから退職することが大切です。

辞めたい理由を明確にする

職場を辞めたい理由を曖昧にしていると、後悔しやすくなります。

次の職場でも同じ理由から退職をしてしまう可能性があります。

どんな転職先なら不満を解消できるのか、自分に合った働き方ができるのか、を明確にすることがとても重要です。

辞めたい理由を明確にするのは、自分と向き合うことですから大変かもしれませんね。
しかし、必要なこととなります。

将来のキャリアプランを考える

辞める場合、その後の働き方、キャリアプランをしっかりと考えることが必要です。

看護師として働く場合、それ以外の仕事を目指す場合。

いずれにしても、これからどんな働き方をして、キャリアをどう積み重ねていくかと考えることが必要です。

それに沿って、職場探しをする必要があるからです。

どこでも良いから、と職場を決めてしまうとまた迷い、悩み、辞めたくなる可能性があります。

こうしたことは、新人看護師が辞める前に考えておきたいことでもあります。

看護師転職エージェントを活用して自分に合った病院、職場を見つける

新人看護師が辞める場合、次の転職先を探してから退職手続きに入りたい方も多いでしょう。

辞めてブランク期間が長くなると、再就職が難しくなってしまいます。

転職エージェントを利用して転職活動をする方法をおすすめしています。

職場の詳しい情報を得て、応募するかを検討することができるからです。

以下にご紹介するのはサポートが手厚いと評価の高い看護師転職エージェントです。

ぜひ活用してみてください。

マイナビ看護師


大手転職エージェント、マイナビ看護師です。

サポートが手厚いことで定評があり、多くの看護師さんが利用されています。

常勤の看護師転職支援に強く、経験の浅い看護師からベテラン看護師までおすすめです。

非公開求人が多いことも特徴です。

急性期、慢性期、リハ回復病棟、美容クリニックへの転職など。

研修体制が整っている病院、経験が浅くても転職できるクリニックなど希望条件で職場探しを相談してみてください。

全国対応でおすすめの看護師転職エージェントです。

⇒ マイナビ看護師に職場探しを相談してみる

看護のお仕事

看護のお仕事

取り扱い看護師求人数は業界最大級、看護のお仕事です。

全国の病院、クリニック、介護施設、訪問看護ステーションなどの求人から、希望条件に合った職場を徹底的に探してくれます。

直接足を運んだり、取材を行ったりと、職場の詳しい情報を持っていることが特徴です。

そのため、自分に合った職場かどうかの判断をするための情報を貰いやすいメリットがあります。

知りたいことがあれば、代わりに職場に確認をしてもらうことも可能です。

サポート力の高さ、看護師求人数の多さから、おすすめの転職エージェントの一つです。

⇒ 看護のお仕事に職場探しを相談してみる

メディカルワークス

専任スタッフが看護師さんの転職をマンツーマンサポートしてくれる、メディカルワークスです。

非公開求人が多数。

理想の職場が見つかるまで徹底的にサポートしてくれます。

取り扱い求人は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県です。
関東エリアで転職をお考えの看護師さんにおすすめとなります。

オンラインでも電話でも親身に対応してもらえると口コミでも評判です。

⇒ 看護師転職メディカルワークスに職場探しを相談してみる

新人看護師が辞めた後の再就職、まとめ

新人看護師が辞めた後、どうするかといったことについて再就職を中心に情報をご紹介しました。

そのままずっと無職ニートで良い、という方はほぼいないでしょう。

働いて稼ぐことが生活のために必要だと思います。

自分に合った働き方、キャリアプランに沿って職場を見つけることが重要です。

看護師の仕事を続ける場合には、記事中でご紹介したようなサポートが手厚い看護師転職エージェントを利用されることをおすすめいたします。

あなたに合った職場はきっとあるはずです。

職場探しのサポートを利用してみてください。

看護師転職 関連記事

看護師 楽な夜勤バイト 看護師夜勤バイト

体力的に楽な夜勤バイトを探したい、ダブルワークに向いている職場の夜勤バイトを探したい、といった看護師さん向けに情報を掲載。
どういった職場の夜勤バイトがおすすめ?

コンサート看護師募集

コンサートやライブ会場で働くイベントナースの求人もあります。コンサートなどの看護師募集は人気が高いので、早めの仕事予約が必要です。イベントナースの求人に強い派遣会社を利用されるのがおすすめです。

看護師バイト 単発 採血 健診の時給や求人

単発の採血バイトが見つかりやすいのは、健診者や健診会場での仕事が中心となる巡回健診です。
単発の採血バイト、巡回健診のお仕事を見つける際にオススメの看護師派遣会社をご紹介しています。

-看護師 転職
-

Copyright© 子供の勉強、家計、ママの仕事の情報サイト【マネシゴ】 , 2022 All Rights Reserved.