転職エージェント

子育てしながら働く

パートから正社員になるメリット・デメリット

投稿日:

パートから正社員、メリット・デメリットには何がある?

ワーママの悩み
子供も大きくなったから、そろそろ正社員で働くことを考えたいけれど・・・パートから正社員になるメリット・デメリットには何があるかな?我が家に合った働き方はどっちか、メリット・デメリットから考えてみたい
子供が小さい間は、パートで短時間で働いたり、週に2日、3日といった日数で扶養内でパート勤務していたママも多いと思います。

パートは時間的に融通が利く働き方ができます。

しかし、雇用が安定しない、給料が安いといったデメリットがあります。

特に、これからの出費、家計を考えるとパートから正社員になって働くことを考えたい、というママも多いのではないでしょうか。

この記事ではパートから正社員になるメリット・デメリット、そしてパートから正社員を目指す方法についてご紹介しています。

パートと正社員の違い

パートから正社員になる

パートと正社員では働き方が変わってきます。

子供が大きくなってだいぶ子育てが楽になってきた、とはいっても、まだまだ家庭や子供に関して優先して働きたいママも多いと思います。

両立しやすい働き方ができる会社で正社員になりたい。

勤務先の会社によって異なりますが、労働時間や残業についてはしっかり確認しておきたいポイントです。

パートと正社員の違い、勤務時間

パートと正社員で働く際、大きな違いとして挙げられるのは「勤務時間」です。

一般的にはパートタイマーは正社員よりも短い勤務時間で働きます。

正社員は会社が定める所定労働時間に沿って働きます。

休日に関しても同様で、正社員は会社の規定に沿って休日を取得することになります。

カレンダー通りの休日ではなく、独自の就業カレンダーを持つ会社もあります。

繁忙期は土曜日や祝日も出勤、といったことで年間休日110日程度、といったようなこともあります。

パートは会社と相談の上、休日を決めることができます。

パートと正社員の違い、給与・賞与

給与に関しても、パートと正社員では大きな違いがあります。

パートから正社員になりたい、と考える方の多くは給与をもっと多く得たい、といったことがあるのではないでしょうか。

正社員は毎月ある程度、決まった収入を安定して得ることができます。

むしろ祝日が多いと休みが多くて得した気分になります。

しかしパートの場合には、働いた時間で収入が決まります。

そのため祝日が多い月は収入が減ったり、閑散期にはパートの勤務時間が減らされたりと収入が不安定になります。

また、ほとんどの企業ではパートには賞与(ボーナス)は支給されません。

支給されたとしても、1万円~数万円といった寸志であることが多いです。

正社員だから必ず賞与があるとは限りませんが(業績次第、賞与無しの企業もあります)、賞与があることで生活は楽になりますよね。

毎月赤字、夏と冬の賞与でなんとか収支トントンにできる・・・といったご家庭も多いでしょう。

正社員として働く目的として、賞与(ボーナス)がある方も多いのでは、と思います。

パートと正社員の違い、業務内容

パートと正社員では業務内容が違います。

無期雇用で長く働くことが前提、将来的には会社の中心となって活躍することを期待されることが多い正社員は責任があり、裁量の大きな仕事を任されることになります。

また、企業によっては転勤もありますし配置換えの可能性もあります。

パートの場合には、雇用については正社員と同じに無期雇用であることも多いですが、勤務時間も短く、勤務日数も少ないことが多いため責任が大きな仕事を任されることは少ないです。

仕事についてもマニュアルが用意されていたり、短い研修期間でこなせる仕事をするなど、人が入れ替わっても行いやすい仕事を任されることが多いです。

未経験でも始めやすい仕事をすることが多いです。

パートと正社員の違い、待遇・福利厚生

パートと正社員では、待遇や福利厚生も違いがあります。

福利厚生には2種類あります。

  • 法定福利
  • 法定外福利

です。

法定福利は法律で定められているもの。
社会保険、雇用保険、介護保険などです。

法法定外福利は企業が独自に定めているものです。
家族手当、住宅手当などはパートは対象となってない場合が多いです。

基本的にはパートの求人票に記載がありますが、面接などでも念のために確認されておくといいでしょう。

パートと正社員、働き方のメリット・デメリットを比較する

パートと正社員の働き方の違い

パートから正社員を目指す場合、働き方が変わることでどういったメリット・デメリットがあるかをしっかり比較することが大切です。

正社員になって給料は増えたけれど・・・入社してみたら残業が多い職場で家族との時間が取れなくなった。

忙しさのあまり、精神的負担・ストレスが増えてしまい、家族とのやり取りもギクシャクしてしまう・・・といったことになるのは避けたいですよね。

子供や家族の状況も考慮しつつ、労働環境の良い職場を選ぶといったことも必要です。

パートから正社員になるメリット

パートから正社員になるメリットには、次のようなものがあります。

パートから正社員になるメリット

  1. 給料が増える、年収アップする
  2. 月給制になる
  3. 雇用が安定する(解雇されにくい)
  4. 賞与(ボーナス)が貰える
  5. 退職金が貰える
  6. 昇進・昇給がある
  7. キャリアアップを考えることができる
  8. 社会的信用が増す
  9. 将来支給される年金額が増える

パートから正社員になることを考えている方の多くは、

「もっとお給料が増えたら良いのに・・・」

といったことが理由としてあるケースも多いでしょう。

時給制で働くパートから、月給制で働く正社員になることで給料・年収が大幅に増える方も多いと思います。

家計が楽になることで、精神的なゆとりにもつながります。

また、雇用も一応は安定します。

パートのように経営状況ですぐに解雇される、といったことはなくなります。

パートから正社員になるデメリット

パートから正社員になるデメリットには、次のようなものがあります。

パートから正社員になるデメリット

  1. 勤務時間が増える
  2. 仕事の責任が重くなる
  3. 残業がある
  4. 転勤、出張の可能性がある
  5. 精神的な負担が増える

正社員はパートと比べて高い給料を貰っている分、責任の重い仕事を担当することが多く、勤務時間も長くなります。

仕事の状況によっては残業が続くこともあり、精神的な負担になることもあります。

パートで働いていた時と同じように家事や育児を優先して、といったことが難しくなってくるでしょう。

家族としっかり話し合っておき、家事などの役割分担などをする必要もありますね。

仕事も増え、家事も以前と同じように担当する、といったことになるとワーママだけが負担が増えて大変になってしまいます。

正社員として働くなら、家族の協力はとても重要ですね。

ワーママの仕事はキツイ 関連記事

子育て中、ワーママのフルタイムはきつい!辛い

はっきりいって、ワーママがフルタイムで働いて育児と両立するのはキツイ、無理だと思います。
共働き家庭で大切なことは、ワンオペ育児にならないこと。
ママが両立して仕事を続けていくコツ、ポイントを掲載しています。

パートから正社員になりやすい職種・業界

パートから正社員になりたい、という場合には職種・業界選びが重要になります。

正社員の職歴がある方は、その経験を活かせる仕事を選ぶことで採用されやすくなります。

良い機会だから、全くの未経験だけれど興味のあった職種に挑戦したい!という方もいらっしゃると思います。

その場合には、未経験からでも正社員として採用されやすい職種であることも考慮しながら、求人を探して応募をしていきましょう。

パートから正社員になりやすい職種

パートから正社員を目指しやすい職種には、次のようなものがあります。

  • 営業
  • 事務
  • 販売・接客
  • 介護

未経験歓迎の求人が多い職種は、パートから正社員を目指しやすいといえます。

未経験歓迎の求人が少なくても、以前、職歴があったりパートでも違い仕事内容をしていた場合には、採用されやすいといえます。

高年収を目指しやすいのは、営業職ですね。

女性、子育て経験を歓迎する営業職などもありますから色々と情報収集をされるのが良いでしょう。

正社員として働きたい場合には、以下の記事中でお勧めの転職エージェントをご紹介しています。

ぜひ活用してみてください。

ワーママの仕事はキツイ 関連記事

パートから正社員になりやすい業界

パートから正社員を目指しやすい業界には、次のようなものがあります。

  • 介護・福祉
  • 飲食
  • 運輸
  • 建設
  • 不動産
  • サービス

パートから正社員を目指す場合、業界選びも重要です。

業界によって年収相場が変わってくるためです。

頑張って働いても昇給幅が小さいと、モチベーションも上がらない可能性があります。
(キャリアを積んで転職を考えることはできますね)

正社員として働く場合には、将来的なことも考えて経験を積めるかどうかも基準としたいところです。

パートから正社員になる方法

パートから正社員になる方法

パートから正社員を目指す主な方法をご紹介します。

一人ひとり、環境が異なるため正社員を目指しやすい方法を選択されることが大切です。

正社員登用制度を利用する

企業によっては、正社員登用制度があります。

非正規社員を正社員登用する企業は、高齢化が進み若手人材の人手不足が深刻になってから増えました。

パートとしての勤務経験を評価してもらえる、ということは労働者、企業と双方にメリットがあります。

どういった働きぶりをする人なのか、上司もしっかり理解して正社員登用を勧めてくれますからミスマッチが起こりにくいです。

パートとして働いて、社内の雰囲気なども理解した上で応募することになるでしょうから、働く側としてもその点はメリットといえるでしょう。

注意点としては、企業によっては正社員登用制度はあるものの、実際に正社員登用された人がほとんどいない、といったケースもあることです。

過去の実績などを確認することが大切です。

可能性が低い場合には、転職活動をした方が正社員になれる可能性が高いでしょう。

正社員を目指して就職活動をする

今の職場には正社員登用制度がない、あったとしても採用される可能性が低い。

というよりも、今の職場で正社員になりたくない、といった方もいるかもしれません。

その場合、パート経験や以前の職歴を活かして就職活動や転職活動をする方法がおすすめです。

パート経験であっても、目指す業界・職種によってはパートやアルバイト経験も評価してもらうことができます。

これまでの経験を棚卸しておきましょう。

履歴書や職務経歴書の作成に役立ちます。

エージェントを利用して求人を探す

主婦、ワーママの仕事探しに強いエージェントを利用するのも方法です。

長らく就活などから遠ざかっている方も多いと思います。

履歴書や職務経歴書の書き方のサポート、求人紹介、面接対策などもサポートしてもらえますし、企業との日程調整もエージェントが代わりに行ってくれます。

時間的な負担も軽くなりますので、正社員の仕事探しにはぜひ活用してみてください。

ワーママの仕事はキツイ 関連記事

子育て後 正社員に復帰、再就職するための方法

子育てもひと段落して正社員を目指したい、再就職したい方へ。
どういった方法で再就職を目指すとよいでしょうか。

メリット・デメリットを考えてパートから正社員になるかを考えることが大切

パートから正社員になることを目指す場合、目的があると思います。

  • お金
  • キャリア
  • 外に出て働きたい

特に経済的な部分は、大きな理由となるご家庭も多いのではないでしょうか。

パートから正社員になった場合、ママ本人の生活も大きく変わりますし、家族も同様です。

どういったメリットがあるのか。

どういったデメリットがあるのか。

しっかり考えてから正社員となることが大切です。

「正社員になってこんなに大変になるとは思っていなかった・・・両立は無理かも。辞めようかな・・・」

職場によりけりでしょうけれど、こうした状況になる可能性もあります。

転職エージェントを利用することで、お子さんがまだ小さいなら育児支援に力を入れている企業を探すこともできます。

子供がある程度大きくなって、フルタイムで働けるにしても残業は無しにしたい。
そうしたワーママ向けの求人を探してもらうこともできます。

エージェントには膨大な求人が集まっていますので、情報収集にはとても役立ちます。

ブランク期間ありでもOKの会社もありますから、パートから正社員を目指す際には、相談から始めてみてはいかがでしょうか。

子育てママの働き方 関連記事

子育てしながら働きやすい仕事、正社員で探したいママへ

子育てしながら働きやすい仕事をお探しになっているママさんへ。
正社員で探したいママ向けに求人探しに便利な転職サイト、転職エージェントについてご紹介しています。

子育て後 正社員に復帰、再就職するための方法

子育てもこれからがお金がかかる時期!
子供の進学費用に備えて貯蓄をしていきたい、というご家庭も多いと思います。住宅ローンと学費、そのほかの支払い。重なると大きな負担です。
子育て後 正社員に復帰、再就職するための方法をご紹介いたします。

-子育てしながら働く
-, ,

Copyright© 子供の勉強、家計、ママの仕事の情報サイト【マネシゴ】 , 2021 All Rights Reserved.