タブレット学習の比較

タブレット学習

スマイルゼミとベネッセ チャレンジタッチの比較

投稿日:

スマイルゼミ、チャレンジタッチの比較

小学生のタブレット学習、スマイルゼミとベネッセのチャレンジタッチ、どちらが良いのかな?
と比較されているご家庭は多いと思います。

・スマイルゼミ
・チャレンジタッチ

小学生のタブレット学習では2大サービスといって良いでしょう。

料金・価格の比較も気になるところだと思いますが、もっと気になるのは「うちの子にはスマイルゼミとチャレンジタッチ、どちらで勉強するのが合っているのか。成績が上がるのか」といったことではないでしょうか。

「しまじろう」から始まり、進研ゼミ(チャレンジタッチ)へ進むお子さんが多いのですが、途中でベネッセからスマイルゼミに切り替えるお子さんも多いんです。

スマイルゼミ、チャレンジタッチの比較について、みていきましょう。

【比較】スマイルゼミがおすすめなお子さんは?

先に、スマイルゼミとチャレンジタッチがどんなお子さんにおすすめかをご紹介します。

スマイルゼミがオススメなのは、楽しい雰囲気はそこまで要らない、しっかり予習に復習にと学習に取り組みたいお子さんです。

スマイルゼミとチャレンジタッチを比較すると、スマイルゼミの方が地味というかそんな感じはあります。

ただ、学習内容はスマイルゼミの方が上という印象です。

実際、チャレンジタッチでの学習が物足りなくて、途中からスマイルゼミに変えるというお子さんも。

またスマイルゼミは「みまもるネット」が割と機能が良いので、子供の学習状況を親が把握しやすいメリットがあります。

「みまもるトーク」で応援メッセージを送るのも効果的です。

LINEのようにコメントやスタンプを双方向でやり取りできるので、親子のコミュニケーションツールとして、学習意欲向上にも効果が期待出来ますね。

さらに学習内容をレベルアップしたい場合には、スマイルゼミは発展クラス(学習量1.5倍)があります。

⇒ スマイルゼミ 資料請求はこちら

【比較】チャレンジタッチがおすすめなお子さんは?

ベネッセ 進研ゼミ 小学講座 無料資料請求

新1年生、小学生低学年で、まずは家庭学習の習慣を身に付けさせることも目的にしたい、といった場合にはベネッセのチャレンジタッチがおすすめです。

楽しい雰囲気で学習を進めることが出来るので、学習習慣のまだ無い小学1年生、低学年のお子さんは食いつきが違うと思います。

コラショというキャラクターも登場して、小学校低学年は楽しく学習しやすい仕組みが多いです。

また「実力アップレッスン」も無料で追加されましたので、学習内容も充実しました。
「おうえんネット」からすぐに設定することが可能です。

ポイント交換も結構、使えるものがプレゼントとして選べます。
プレゼントを励みに学習、赤ペンを頑張るモチベーションにはなると思います。

チャレンジタッチはテキスト教材もあるので、回答を書く機会がありますから理解度を見ることができるのもメリットです。

ちなみに、2019年度からは「チャレンジイングリッシュ」も無料で学習することが出来るようになっています。

⇒ ベネッセ 進研ゼミ小学講座 資料請求はこちら

スマイルゼミ特徴・おすすめポイント

スマイルゼミの特徴、おすすめポイントは以下となります。

・全額返金保証期間あり
・全国のデパート、ショッピングモール(イオンなど)で無料体験会があり試せる
・紙教材一切なし
・漢字検定に力を入れている
・朝日小学生新聞が読める
・タッチペンの性能はダントツに高い評価
・双方のコミュニケーションツールあり
・勉強後にミニゲームを楽しむことが出来る(勉強して集めたスター分だけ遊べる)
・管理画面から親がタブレット使用時間とゲーム利用時間を制限出来る

チャレンジタッチ特徴・おすすめポイント

チャレンジタッチの特徴、おすすめポイントは以下となります。

・コラショやキャラクターが多く登場するので、小学1年生、低学年も楽しく学習できる
・チャレンジイングリッシュ、英語のデジタルレッスンも無料に
・プログラミング講座あり
・電子書籍約1000冊、電子図書館まなびライブラリー(無料)
・メインレッスンに加え、実力アップレッスンで発展的な問題にも取り組める
・努力賞のポイント交換のプレゼントが本格的でモチベーションになる
・紙教材もあり、書いて解く理解度を確認できる
・英語・検定対策が可能
・漢検対策アプリ

スマイルゼミ、チャレンジタッチのタブレット端末比較

料金の比較で気をつけたいタブレット代金について

スマイルゼミとチャレンジタッチの料金比較はそれこそ、多くのサイトさんで掲載されていますし、それぞれの公式サイトで簡単に月額料金を計算・比較できますからそちらをご確認ください。

公式サイトだと、最新の金額ですぐに会費がシミュレーションできますしね。

⇒ スマイルゼミ 小学生コースの会費のご案内

⇒ 進研ゼミ小学講座の受講費(チャレンジ・チャレンジタッチ)

ここで注意したいのは、タブレット端末の代金です。

スマイルゼミの専用タブレット代

スマイルゼミでは、1年間の継続利用を前提として、専用タブレット代「9,980円」がかかります。

6か月以上、12か月未満で退会された場合は専用タブレット代金6,980円[税抜]が請求されます。

6か月未満で退会された場合は専用タブレット代金29,820円[税抜]を請求されます。

つまり、短期間でもし辞めるとスマイルゼミはタブレット代が高くつくことになります。

なので、返金保証期間の間にガッツリ使い込んでみて、ちゃんと学習できるかどうかを判断することが必要です。

とはいえ、子供のことですから急にスマイルゼミに飽きてタブレットすら開かなくなる・・・といった可能性もありますので、悩ましいところではあります。

チャレンジタッチの専用タブレット代

チャレンジタッチでは、6か月以上継続受講でタブレット代が無料となります。

6ヵ月未満で退会・学習スタイル変更する場合は、9,720円の端末代金が請求されます。

短期間で退会する可能性を考えた場合、タブレット代を考えると、スマイルゼミよりもチャレンジタッチの方が経済的です。

スマイルゼミは継続割引があり費用が安くなります

通信教育、タブレット学習と長く続けることを考えた場合、やはり料金は安い方が家計としても助かりますし嬉しいです。

基本的な料金は、スマイルゼミもチャレンジタッチもあまり変わらないのですが、スマイルゼミの特徴として、

「継続割引」

があります。

例えば12ヶ月一括払いを選択されるご家庭が多いと思うのですが、この場合の継続割引は、

2年目~(13か月目~) 1,200円引き

3年目~(25か月目~) 2,400円引き

4年目~(37か月目~) 3,600円引き

5年目~(49か月目~) 4,800円引き

6年目~(61か月目~) 6,000円引き

となります。

継続年数は中学生コースに進んでも引き継がれるということですよ。

長く家庭学習としてタブレット学習を続けるのでしたら、継続割引も魅力的に感じられますね。

スマイルゼミ、チャレンジタッチ 資料請求はこちら

スマイルゼミ、チャレンジタッチを比較してみました。

資料請求をしてもう少し詳しく比較してみたいという場合には、以下の公式ページよりどうぞお申込みください。

⇒ スマイルゼミ 資料請求はこちら

⇒ ベネッセ 進研ゼミ小学講座 資料請求はこちら

-タブレット学習
-, ,

Copyright© 【マネシゴ】子供の勉強をテーマにしたブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.