副業

副業

副業を始める理由、どんな「きっかけ」で始めた?

投稿日:

副業を始める理由、きっかけ

副業を始めた理由って何?
mane

給料がなかなか上がらない。家族がいて将来に不安もあるから副業を始めようと思っている。
もっと色々経験を積んでスキルアップしたい、人脈を広げたい、など。
皆さんの、副業を始める理由、きっかけを調べてみました。

副業ブーム、といって良いと思います。

大企業でも副業解禁の流れが加速していますし、日本の全企業のうち99.7%を中小企業が占めていますが、その中小企業でも副業解禁の流れは強くなってきていると感じます。

副業禁止の会社も実際、まだまだありますが、

禁止 ⇒ 原則禁止

といったように緩和されてきている例もあります。

本業に支障が無ければ副業OK、といったケースは多いんです。

副業を始めることで得られるメリットは大きいです。
経済的、人脈、やりがい。

では、皆さん副業を始める理由、きっかけはどういったものだったんでしょうか。

これから副業を始めよう、と思っている方は、他の方が副業を始めたきっかけも気になっているかもしれません。

そこでこの記事では、副業を始める理由、どんな「きっかけ」で始めた?といったことを調べてみました。

また、会社員が会社にバレずに副業しやすいものもご紹介をしています。

どうして副業を始めた?副業の理由・きっかけ

副業で収入アップ

会社員はどうして本業があって忙しいのに、副業を始めるのでしょうか?

後ほど年代別に副業をする理由などを見ていこうと思います。

色々な調査結果、副業ブロガーなどのプロフィールなどを調べ、それらを参考にしてみると、副業を始めた理由として多いものは以下となります。

  1. 給料に不満がある。収入を増やしたい
  2. 本業以外の収入源が欲しい
  3. 新たなスキルを身に付けたい
  4. 本業以外の人脈を広げたい
  5. 将来が不安
  6. 自分でビジネスをしたい(起業準備)

などとなっています。

大多数の方の副業を始める理由は、

本業の収入では足りないから

というものです。

副収入を得るために副業を始めていることになります。

会社員の平均年収はずっと変わっていない!

「給料が足りない、だから副業で収入を増やしたい」

と多くの人が思うからには理由があるはずです。

そう、日本人の平均年収はずっと変わっていないのです。

ダイアモンド

参考:ダイヤモンド・オンライン

日本だけ平均賃金が上がっていません

なのに、社会保険の控除額は上がり続けていますし、物価も原材料費の高騰を受けて価格が上昇しています。

ガソリン代とか非常に高額になっています。
過去のレギュラー70円代の時代もあれはあれで、異常な値段だったと思いますが、今の高騰も異常な気がします。

上がらない会社員の平均年収

日本国内で働く会社員の平均年収ですが、令和2年では433万円となっています。

さかのぼって、平成2年の平成年収は425万円です。

30年経過して、日本の会社員の平均年収はほとんど変わっていません。

実質、手取りは減っているといって良いでしょう。

物価は上昇していますし、社会保険も負担額は上昇していますからね。

会社勤めをしていても年収が増える見込みはない、ではどうするか。
となると、今は副業という流れは必然ともいえます。

副業で月に5万円稼げたら、年収60万円アップです。

インセンティブがある職種でもなければ、本業でそんなに年収アップするのはまず無理ですよね。

収入を上げるには、副業をするのが確実性が高いと言えます。

本業に支障が出ない条件で副業をするのがポイントです。

副業を始める理由「収入を増やしたい」

副業を始める理由、きっかけで最多となっているのは、

本業の収入では足りない

です。

生活が苦しいから副業を始める。

中にはこっそり副業を始めている方も多いでしょう。
実際、バレないように副業をすることは可能です。

副業を始める理由は一つだけとは限りませんが、年代ごとに主な副業を始める理由をまとめてみました。

20代が副業を始める理由

20代が副業を始める理由は、やはり収入面です。

本業の収入では足りない、といった理由が多くなります。

給料が安くて生活が苦しい・・・

就職する業界・職種にもよると思いますが、手取り15万円を下回る方も多いと思います。

地域でも給料差はありますね。

新卒社会人1年目、平均年収は200万円~250万円です。

入社1年目はボーナス支給がない会社も多いでしょう。
そのため、平均年収は低いです。

30代が副業を始める理由

30代になると結婚する方も多くなります。

令和元年の平均初婚年齢は、

夫 31.2歳、妻 29.6歳

だそうです。

結婚してお子さんが産まれて、といったご家庭が多いでしょう。
子育てによって家計の支出がどんどん増える時期です。

30代は自分の小遣いよりも、家計のことを考えることになります。

正直なところ、会社からの給料だけではお金が足りない

夫も妻も正社員で働いていても経済的にキツイ・・・なんていう声も多いのですから、多くの方が副業をしようというのも分かりますよね。

妻が結婚・出産のタイミングで退職、その後正社員として復帰が難しくパートといったケースも多いです。

子供一人あたりの学費は1千万円と言われます。
途中で私立に通うことにでもなれば、さらに高額な学費が必要です。

子供が2人、3人と増えれば、もう計算したくないですね・・・

30代は将来的な不安から、副業を始める人が多い年代と言えます。

40代が副業を始める理由

40代も副業を始める理由として多いのは、経済的な不安、そして将来への不安です。

30代の続きとも言えますが、まだまだ子供がいるご家庭は支出が多いです。
というか、40代が教育費のピークかもしれません。

習い事、塾代、受験、大学費用・・・

毎月の収入が1万円でも増えたら嬉しい・・・ですよね。

管理職になって残業代が出なくなり、実質給料減、という方もいるかもしれません。

40代は支出が増える世代です。

しかし、同時にそろそろ自分たちの老後のことも考える必要がある年代。

親の介護もあるかもしれません。

そう考えると、色々と大変な年代とも言えます。

将来への不安から貯蓄したい。
しかし、むしろお金が出ていく一方、といったご家庭も多いかもしれません。

副業で少しでも稼ぐ必要がある、事情も見えてきます。

50代が副業を始める理由

50代が副業を始める理由としては、将来への備えとしてお金を増やしておきたい、といった事もありますが、退職後を見据えて副業を始める方もいらっしゃいます。

個人でビジネスを行っていく準備として副業に取り組む方もいます。

会社によっては嘱託社員などで再雇用などもなく、すっぱり退職といったケースもあります。

年金受給まで稼ぐ必要があります。

副業からスタートして、自分で稼ぐ力を身に付けていきたい、といった方も増えてきているようです。

サラリーマンにおすすめの副業とは

会社員の副業おすすめ

サラリーマンにおすすめの副業をご紹介します。

手軽に始められる、会社にバレにくい副業を中心に紹介しています。

アンケートモニター・ポイントサイト

手軽にスキマ時間にサクッと出来て、意外と貯まるのがアンケートモニター、ポイントサイトです。

登録をしておくと、アンケートやモニター案件が送られてきます。

色々なサイトがありますが、知名度が高いポイントサイトを使うことをおすすめします。

その方が安全性が高いですし、アンケートも多いことが理由です。

マクロミル

【ECナビ】

アンケートも対象に該当すると、6,000ポイントなど高額になることもあります。

意外と貯められるのでお勧めです。

Webライター(Webライティング)

文章を書くのが好きな方におすすめの副業が、Webライター(Webライティング)です。

文字単価は1文字1円が多いです。

未経験から始めて実績を積む場合には、1円以下の単価でも受けて実績を積むことも必要かもしれません。

自宅でできる副業なので会社にバレる心配がないのもポイントでしょう。

今日からWebライターを始めることが出来ます。

始めやすい分、ライターはとても多いです。
何か他のライターと差別化できる資格があると、強みになりますし単価も上げやすいです。

看護師、薬剤師、社労士、ファイナンシャルプランナーなど。

Webライターで独立する方もいますから、文章を書くのが好きな方にとっては、起業も視野に入れることができる副業でもあります。

クラウドワークス

ココナラ

などでライティングの仕事を請け負うことが出来ます。

投資

投資も人気です。

若い人ほど、長期投資ができますからおすすめです。

複利の力で将来に向けて資産を増やしていきましょう。

NISA、つみたてNISAを活用することで有利に投資をすることが出来ます。

おすすめは、インデックスファンド。

購入してほったらかし、といったスタンスが会社員の副業には良いと思います。

大きな金額をまとめて投資すると、リスクが大きいですから、会社員はコツコツ長期で投資をするのが良いのではないでしょうか。

スキル販売

自宅で副業できるといえば、スキル販売も該当します。

本業で培ったスキルを、必要とする方に提供することでお金を頂くことが出来ます。

一度サイトを見て、どういった需要があるかを確認してみるのもおすすめです。

ココナラ

アフィリエイト

Webサイトを作ったり、ブログを作り広告を掲載して成果が出たら収入になります。

難易度は高めで時間が必要です。

しかし、コツコツ積み上げていくことが出来る方におすすめです。

しっかりサイトやブログを作ることが出来れば、資産化することができます。

副業所得が1年間で20万円以上は確定申告が必要です

副業をするにあたり、注意したいのが副業所得が1年間で20万円以上は確定申告が必要になることです。

しっかりと収支を計算して、必要であれば確定申告をするようにしましょう。

会社にバレずに副業をしたい場合には、確定申告の際に、

住民税の徴収方法の選択で、「自分で納付」にチェックもしくは丸をつけて申告をしてください。

少額だから確定申告しなくても、と侮ってはいけません。

誰にいつ調査が入るかは分かりませんからね。

副業分の税金を自分で納付することになりますから、会社にバレにくくなります。

副業がバレるのは大抵、会社に住民税の通知がいってしまい、本業だけの住民税よりも高いことから調査されて、といったきっかけです。

副業を始める理由、きっかけ まとめ

副業を始める理由、きっかけをご紹介しました。

また、会社にバレにくい副業もいくつかご紹介をさせていただきました。

インターネットとパソコンがあればすぐに取り組める副業も増えています。

やるか、やらないか、といった感もあります。

今は副業ブームです。

副業したい場合には、副業をするための情報が非常に手に入りやすいですね。

副業をしたい方は、情報収集をある程度行ったらぜひ行動してみてください。

いつまでも情報収集をして準備中・・・といったことにならないようにしてくださいね。

副業なんですから、失敗しても大丈夫
本業の収入があるのですから。

会社員の副業は、本業の収入がある分、長期で取り組むことが可能です。

まずは自分の興味のあるジャンルや、スキルを活かせる副業の情報収集をしてみてください。

副業 関連記事

副業OKな会社の探し方
求人に応募する前に「副業OKな会社」かどうか知りたいですよね。
この記事では、副業OKな会社の探し方、見つける方法についてご紹介をしています。
会社員のまま副業、個人事業主が最強な理由
会社員のメリットを最大限に享受しつつ、個人事業主として節税して手元にできるだけお金を残すことが可能です。
なぜ会社員のまま個人事業主、副業するのが最強なのか、この記事ではその理由を解説。
看護師の副業!おすすめ看護師向けアルバイト
看護師の副業!おすすめ看護師向けアルバイト、そして求人を実際に探すための求人サイトなどについてもご紹介しています。
バレずに稼げる看護師の副業についても。

-副業
-

Copyright© 子供の勉強、家計、ママの仕事の情報サイト【マネシゴ】 , 2022 All Rights Reserved.