健診の看護師単発バイト

看護師 転職

子供のいる看護師の働き方はパートが子育てには楽?

投稿日:

子供のいる看護師はパートが楽?

子供あり看護師パートで働く
mane

小さな子供がいるけれど、看護師として仕事は続けたい。パート看護師なら無理なく子供がいても育児と両立して働けるかな?パートなら夜勤なしでも働きやすいしね。

看護師の仕事は夜勤あり、残業も多くなりがちで子供がいるママ看護師にとっては、負担が大きく仕事を続けていくのが辛いと感じることも多いと思います。

子育てと看護師の仕事を両立させるには、どうしたら良いのでしょうか。

その答えの一つが、パートの働き方です。

雇用形態を常勤からパートに変えることで、育児との両立がしやすくなります。

常勤として働き続けたい、といった場合にはなかなかパートの働き方は選びのが難しいかもしれません。

その場合には、時短勤務や子育て支援制度の利用なども駆使して乗り切ることができるかもしれません。

しかし、もっと子供のそばに居たい、子供の成長を実感したい、保育園や幼稚園、学校行事などに積極的に参加したい、といった場合にはパートの方がメリットが大きいと言えます。

子供のいる看護師の働き方はパートが子育てには楽と言えます。

子持ち看護師向けパート求人を探すには

残業が少ない病院へ転職

午後2時か3時には期待していたい、など短時間での勤務を希望されるママ看護師も多いと思います。

子供が幼稚園から帰ってくる時間には、家にいて「お帰りない」と言ってあげたい、といった場合にはそれくらいの時間に帰ってきたいですよね。

パートの働き方であれば、そうした短時間勤務の求人も探しやすいです。

子持ち看護師向けのパート看護師求人を探すには、求人数が多い転職サイトを利用されるのがおすすめです。

次のような全国対応、求人数が豊富な転職サイトを利用することで、希望の勤務時間帯、診療科、働き方、時給などで探しやすくなります。

派遣という働き方も、場合によっては適しているといえます。
パートよりも高時給ですし、勤務時間も決めて働くことが出来ます。

こうしたパート求人、派遣看護師求人に強いサイトを利用して、子持ち看護師が働きやすい病院、職場をお探しになってみてください。

子供のいる看護師の働き方、育児と両立させるには

子育て中の看護師が負担に感じることでよく挙げられるのが、

  • 残業の多さ
  • 夜勤
  • 勤務が不規則で体力的に辛い
  • 子供の急な体調不良(病気)

といったことです。

残業が多いと保育園や学童を利用している場合、子供のお迎えが遅くなります。

時には残業が長引いてしまって、お迎えの時間に間に合わない・・・といったことも起こりえます。

職場によっては看護師が慢性的に残業することで、なんとか業務が回っている・・・といったケースもあるでしょう。

夜勤のある働き方もママ看護師にとって、大きな負担ですよね。

ママ、お仕事(夜勤)にいかないで・・・

といったことを言われて辛い、といったママさんもいるかもしれません。

夜は子供もやはり不安になるのか、情緒が不安定になることがあります。
パパだけではうまく対処できないご家庭もあるのではないでしょうか。

晩御飯はちゃんと食べれたのかな・・・
夜、ちゃんと寝られたかな・・・
朝ちゃんと起きて準備して、保育園に行けたかな・・・

最初はママもたくさんの心配があると思います。

そして夜勤ありの働き方は、ママ看護師にとっても体力的に負担が大きな働き方になります。

夜勤が辛い・・・と感じるママは多いのではないでしょうか。

子持ち看護師はパート、常勤、どちらの働き方が良い?

働き方に悩むママ看護師

常勤看護師として働く場合、これら子供のいるママ看護師が辛いと感じる事が多いことを避けるには、よほど職場を選ばなければなりません。

夜勤なし日勤常勤、残業が少ない職場、子供のいるママ看護師に理解がある職場。
土日祝日もできれば休みたい。連休が欲しい、家族で過ごす時間をもっと確保したい。

そんな働きやすい職場、見つかる気がしない・・・と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

残業は少なくても、常勤なら夜勤必須、という職場は多いでしょう。

パートであれば、残業なし、夜勤なし、規則正しい生活、子供の急な病気でも理解を得やすい働き方がしやすいです。

子供が小さい間はパート看護師として働き、大きくなってきたら常勤として転職をする。

需要の多い看護師ならでは、とも言えますがご家庭の事情に合わせて働き方を変える方は多いです。

子供のいる看護師の働き方はパートが子育てには楽?

パート看護師、両立しやすい働き方

子供がいるママ看護師の働き方として、パートは育児と両立しやすいのでおすすめです。

時間的な余裕を持ちやすいことが大きなメリットです。

収入は常勤看護師と比較して、大きく減ることにはなりますが、それと引き換えに時間的な余裕、体力的な余裕、子供と一緒に過ごす時間、などを手に入れることが出来ます。

考え方次第ともいえますが、子供が小さい間はお金よりも一緒に過ごす時間を優先したい、というママさんにはパート看護師の働き方の方が気持ち的にも楽だと思います。

子持ちママ看護師、パートで働くメリット

子供のいるママ看護師の働き方として、メリットが多いのがパートの働き方です。

子育て中にパート勤務をおすすめする理由をご紹介します。

短時間OKのパート看護師求人も多い

パート勤務だと短時間OKの求人を見つけやすい、というメリットがあります。

常勤、フルタイムの働き方だと残業が慢性的に発生する職場も多いと思います。

また帰宅前に突発的な業務が発生した場合も、常勤だと帰宅しにくいですよね。

パートだと常勤看護師や夜勤者が仕事を引き取って、といった流れになりやすいです。

10時~14時といったように短時間で働けるパート求人を見つけやすいことも、子育て中のママ看護師にとっては大きなメリットでしょう。

家事、育児の時間を取りやすいというのが一番の理由です。

出勤日数などを決めやすい

パートは出勤日、日数なども自分で決めやすく、自由度の高い働き方がしやすいです。

子供を中心として働き方ができるため、常勤よりも断然、働きやすいと言えます。

責任の重い仕事はあまり任されない

パート看護師として働く場合、働き方ゆえに責任の重い仕事はあまり任されません。

基本的にはフリー業務となることが多いでしょう。

常勤看護師のサポート、補助業務に入ることが多いと思います。

そのため働き方も精神的に楽、というメリットがあります。

ただ、しっかり責任のある仕事をしたい、キャリアアップにつながる働き方をしたい、という看護師さんには物足りないとも言えます。

子持ちママ看護師、パートで働くデメリット

パート看護師として働く場合、デメリットもあります。

デメリットにはどういったものがあるでしょうか。

給料が少ない

パートは時給で働きます。

他の職種よりは高時給、とはいえ常勤として働いていた頃と比べると、月給が減るのは仕方ありません。

出勤時間、日数が給料に直結しますから、子供の病気や行事などの調整で休みが増えた月は給料が少なくなってしまいます。

扶養内で働きたい場合にも、調整が必要です。

もっと稼いで家計を支えたい、と思っても思ったように稼げないもどかしさを感じるかもしれません。

責任のある働き方ができない

看護師としてキャリアアップやもっと責任のある働き方をしたい、といった志向のある方にとっては、パートの働き方が物足りない可能性があります。

基本的には責任ある仕事は任されません。

とはいえ、働き方にもよります。

短時間で働くのではなく、パートでもフルタイムで働く場合には徐々に責任ある仕事を任されるケースもあるようです。

リーダーとして働いたり、患者さんを受け持ったりといったことも職場によっては可能でしょう。

ただし責任が増える分、残業なども発生しやすくなるかもしれません。

職場によって労働環境は異なるでしょうから、情報収集をしっかりと行って後から両立に困らないようにする必要はあるでしょう。

パート看護師の働き方がおすすめな人

看護師転職エージェントを利用して転職に成功

パート看護師としての働き方は、子育てや介護などがあり、時短勤務や出勤日数を抑えたい方に向いています。

子供がまだまだ小さくて育児を中心にした働き方をしたい場合。

家族の介護の必要があり、短時間や出勤日数を週に2,3日に抑えたい場合などはパートの働き方がおすすめです。

アルバイトやパートとして働く場合には、家庭の事情などをシフトに反映しやすいですから、無理なく仕事を続けていきやすいメリットがあります。

完全に離職してしまうと、ブランク期間も数年になってしまうケースも多く、そうなるとさすがに需要が多い看護師といえども、再就職に苦労しやすくなります。

アルバイトやパートは家庭の事情や子育てと両立して仕事を続けたい、という看護師さんにおすすめの働き方と言えます。

パート看護師求人を見つけるには

看護師資格を活かして働き続けたい、といった場合。

パート看護師として、自分にとって都合の良い働き方ができる職場を見つけるには、次のような非常勤・パート看護師求人の取り扱いも豊富な転職サイトを利用される方法がおすすめです。

ママ看護師におすすめ、看護師転職サイト

ナースではたらこ

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

派遣という働き方も、場合によっては適しているといえます。
パートよりも高時給ですし、勤務時間も決めて働くことが出来ます。

看護のお仕事派遣

こうした転職サイトを利用してパート先を探すメリットは、専任のアドバイザーが付いてくれて、あなたの希望条件で働ける職場を探してくれること。

子育てが落ち着いた後のキャリアプランも丁寧にヒアリングしてくれて、経験が生かせる診療科の職場を中心に探してくれる、といった寄り添った求人紹介をしてくれるアドバイザーも多いです。

ぜひ活用してみてください。

常勤看護師は子供のいる看護師には大変

帰宅して疲れて寝込む看護師

常勤看護師として働く場合、給料の高さ、キャリアの継続、といった点では確かに魅力があります。

しかし、長時間労働になりやすく、勤務も不規則。
勉強会、研修、残業、夜勤、子育てとの両立は厳しいと言えます。

家族が子育てに協力的であっても、自分自身が子供と思うように向き合う時間が取れないことに、ストレスを感じてしまったりするママも多いようです。

常勤看護師として働く場合、少なくとも残業が無い、ほぼ無い職場で働きたいと希望されている方は多いのではないでしょうか。

常勤フルタイムで働いていて、

「子供と過ごす時間が少なくて辛い・・・」

「もっと子育てと両立しやすい働き方が良いな・・・」

と悩むことが増えてきたら、常勤からパートに雇用形態を切り替えてもらう方法もあります。

それが難しい場合には、パート看護師の需要が多く求人は見つけやすいです。

違う職場を探してみる、という選択肢もありだと思います。

看護師不足から、様々な働き方を選びやすい状況が続いていますので、無理せず、子育てと両立しやすい職場を探してみることもお考えになってみてください。

子供のいる看護師の働き方はパートが楽、まとめ

小さな子供がいるママ看護師の働き方には、パートが楽でおすすめ、ということでご紹介をしてきました。

子育てに不安がある方、既に両立に難しさを感じているママ看護師にはパートは気持ちが楽な働き方を実現できます。

これからお子さんが小学校に上がる、というママさんもいるでしょう。
小学生になると、さらに忙しくなります。

小1の壁、という言葉があることをご存じでしょうか。

学童も地域によっては夕方5時、6時といった早い時間帯までしか利用できません。

どういった働き方だと両立しやすいのか、といったこともご家族で話し合われておくと良いかもしれません。

一人で全部を抱えてしまうと、パンクしてしまいます。

本記事では、パート看護師求人を豊富に掲載する、おすすめ看護師転職サイトも合わせてご紹介しています。

子供が小さい時期はあっという間に終わります。

子供の成長を間近で見守っていきたい、子供との時間を大切にしたい、といったママさんはパートの働き方も検討してみてください。

子供のいる看護師の働き方 関連記事

ママ看護師が子育てしやすい病院、職場とは?失敗しない病院選び

子育て中のママ看護師が働きやすい条件が揃っている病院を見つけることが、とても大切。
ママ看護師が働きやすい病院の条件、子育てしやすい病院に転職する方法についてご紹介しています。

子持ち看護師の働き方

看護師の仕事が好きだったり、経済的な理由からママ看護師として仕事を続けたいといった方もいると思います。
子持ち看護師が育児と仕事を両立するための働き方についてご紹介します。

寝当直の看護師夜勤バイト 楽な夜勤看護師アルバイト

看護師夜勤バイトの求人にも強い人材紹介会社、派遣会社に登録をしてお仕事が出るのを待つのがおすすめです。
寝当直の看護師夜勤バイトは、体力的に楽な夜勤となりますので、ダブルワークにも人気があるお仕事です。

-看護師 転職
-,

Copyright© 子供の勉強、家計、ママの仕事の情報サイト【マネシゴ】 , 2022 All Rights Reserved.