保育園へ転職

看護師 転職

保育園看護師になるには、仕事内容について

投稿日:

保育園看護師になるには

看護師
mane

保育園看護師として働きたい。保育園への転職を考えているけれど、仕事内容はどう?保育園看護師の求人ってどこで探せば良いの?という看護師さんはぜひご覧ください。

保育園看護師への転職をお考えになっている看護師さんにとって、夜勤なし、子供たちと触れ合える職場、医療行為が無い、などメリットも多い働き方ができます。

その一方で夜勤が無いことから病棟勤務と比較して給料が下がる、保育士と円滑なコミュニケーションを取る必要がある、など注意しなければならない点もあります。

とはいえ、保育園の看護師として転職するメリットに大きな魅力を感じている方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、保育園看護師の仕事内容や転職の仕方について解説をしています。

人気、希少!保育園看護師求人について

保育園看護師として転職

保育園看護師として転職先や復職先をお探しになっている看護師さんも多いと思います。

病院やクリニックが看護師の主な職場ですが、それ以外に人気な職場として「保育園」を挙げる事が出来ます。

どういった看護師に保育園は向いているのでしょうか。

保育園が向いている看護師とは

子供が好きな看護師さん、また育児経験を活かして働く事が出来る職場という条件で探す場合にも、「保育園看護師としての仕事はやり甲斐のある魅力的な仕事内容」に映るのではないでしょうか。

まず第一に保育園看護師は、

子供が好きな人

に向いている仕事です。

園児ひとりひとりに向き合い、成長を見守ることに喜びを感じる方にとっては、天職となる可能性があります。

そして、規則正しい生活をしたい看護師にも向いた職場です。

保育園は基本的には夜勤なしで働ける職場。
不規則な生活に疲れてしまっている看護師には、働きやすい職場になるでしょう。

日曜と祝日は休みとする保育園も多いため、予定も入れやすくなります。

保育園看護師の需要

保育園看護師の需要の高まりを受けて、例えば東京都の保育園看護師の平均年収なども徐々に高くなってきているようです。

昔よりも待遇は向上・改善されてきていますから、正社員(常勤)、非常勤・パート看護師として、保育園看護師求人をお探しになっている方、保育園で働く看護師の役割や仕事内容に興味を持って情報収集をされている方も多いかと思います。

(保育園看護師の仕事内容、役割、給与・年収などについては、別記事にてまとめる予定です)

ここでは、保育園看護師求人に関して情報を多く掲載、求人が多数見つかる看護師紹介会社について、ご紹介をしています。

こうした看護師紹介会社は情報収集にも利用する事が出来ます。

必ずしも紹介された求人へ応募して、面接を受ける必要はないんですね。
良い求人が見つかったら、といった利用でも大丈夫です。

お住まいのエリアの保育園看護師求人、情報収集にもぜひ活用してみてください。

保育園看護師求人に強い看護師紹介会社

看護師を配置する保育園も徐々にですが、増えてきています。

ただし、自治体によってかなり求人ニーズには差がある状況です。
特に保育園看護師求人が多いのは、東京都です。

東京都内にある保育園の多くは積極的に看護師配置を進めている園が多いですね。
これは昔も今も同様といえます。

保育園看護師求人を見つける事が出来る看護師紹介会社として、

などをオススメしたい思います。

保育園看護師の求人にも強いメディカル・コンシェルジュ

中でもメディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】は「保育園看護師求人特集」を掲載するなど、情報量の多さからもオススメです。

特に東京都の保育園看護師求人には昔から強みが有り、首都圏で職場をお探しになる際には便利ではと思います。

また、全国各地に支社があり、全国の保育園看護師求人についても情報収集をする事が可能です。

ぜひ公式サイトをご覧ください。

お住まいのエリアでの看護師募集を行っている保育園や保育室についての情報を得るには、こうした看護師紹介会社の活用をオススメしたいと思います。

さらには病児保育室からの看護師求人も少しずつですが、増えてきていますね。

小さな子供達に関わりながら、看護師としての知識・経験を活かせる職場としても病児保育室、病児保育対応の院内託児所なども注目されてみてはいかがでしょうか。

病院やクリニックといった、従来の看護師の主な職場とはまた違った仕事のやり甲斐などが得られるのではと思います。

保育園看護師の仕事内容

保育園看護師として転職した場合、どういった仕事内容になるのか気になる方も多いでしょう。

園児の体調管理

保育園看護師の重要な仕事と言えば、子供たちの体調管理です。

ケガや体調不良などの際には、看護師が中心となって対応にあたります。

病院を受診するかなどの判断も看護師が行い、親御さんへの説明なども担当します。

アレルギーや持病を持っている園児がいる場合には、服薬管理も行うことになります。

日常業務を行いつつ、子供たちの体調の変化も見逃さない観察力も必要になります。

衛生管理・感染症対策

保育園内の衛生管理も看護師の重要な業務の一つです。

言葉だけでは理解してもらうのは難しい年齢の子供たちも多いため、ポスターなどを作って伝えていくことも大切になります。

また保育士への啓蒙活動も重要です。

ノロウイルスなどの対処は知識が無ければ間違えることもあるなど、普段から感染症への対応を周囲の保育士、スタッフに伝えていくことが看護師の大切な仕事になります。

保護者対応(保健だよりなど)

保護者に対して保険だよりなどを発行して、保健指導をしていくことも大切な仕事になります。

また保護者から子供たちの発育に対して質問があった場合なども、対応することになります。

発育・アレルギー・健康について、特に発育は他のお子さんと比較して気にされている親御さんもいらっしゃるでしょう。

冷静に判断して、場合によっては療育が必要な場合には伝えるなども必要になってきます。

保育園看護師の年収・給料

保育園看護師として働く際にも気になるのが、仕事に就いた際に得られる年収・給料です。

保育園に常勤(正社員)として勤務する場合、平均年収として350万円前後で求人が見つかることが多いですね。

月収で25万円前後。
プラス、賞与・ボーナス支給といった保育園が多く見られます。

常勤で看護師として病院に勤務する場合と比べると、どうしても年収は安くはなりますが、夜勤無し日勤の働き方で考えると、そこまで給料が安くて困る・・・といった事は無いのかなと思います。

相場以上の高額給与・高年収の保育園看護師求人が見つかる事もありますので、ぜひ非公開求人も含めて情報収集をしてみてはと思います。

保育園看護師求人を探す時の注意点

保育園看護師として働きたい、と思った場合、初めて保育園で働く場合には、病院とはやはり違う部分が多いです。

勤務し始めてから、思っていたのと違う・・・となってしまわないように情報収集する事が重要です。

先ほどご紹介したような看護師紹介会社を利用して求人をお探しになるのであれば、それぞれの保育園で働く場合の仕事内容、待遇など詳しく教えてもらう事が出来ます。

その際、

・残業時間

・看護師の業務時間は確保しやすいかどうか

・保育士との人間関係

・園長の保育方針、考え方

・病児保育、病後児保育の有無

・必要とする経験、スキル

などについても確認をされると良いでしょう。

もちろん、他にも気になる事があれば細かい事であっても看護師紹介会社の担当者を介して確認してもらう事をオススメいたします。

今までとは違う職場で働く場合、情報収集には力を入れてみて頂きたいと思います。

などの活用がオススメです。

-看護師 転職
-

Copyright© 子供の勉強、家計、ママの仕事の情報サイト【マネシゴ】 , 2022 All Rights Reserved.