タブレット学習

すらら

タブレット学習 発達障害 すらら

投稿日:2020年4月14日 更新日:

タブレット学習 発達障害

発達障害の子供の学習にはタブレット学習が向いている、と言います。

なぜ、発達障害の子の学習にタブレット学習がおすすめなのか、またタブレット学習の中でも「すらら」がおすすめされる理由などについて掲載しています。

発達障害、グレーゾーンと呼ばれるお子さんの学習は、ご自宅での学習サポートがとても重要です。

タブレット学習には様々なメリットがあります。

苦手な文字を書かなくて良い(文字の練習問題は別として)。
キャラクター、音楽、効果音など楽しい仕掛けが多い。

学習の成果でポイントが貯まり、プレゼントと交換出来るタブレット学習もあり、やる気につながることも多いですね。

タブレット学習は自分のペースで学習を進めやすい、といったことも発達障害のお子さんの学習にメリットとなります。

タブレット学習が発達障害のお子さんにおすすめの理由。
また、おすすめのタブレット学習「すらら」についてもご紹介しています。

⇒ すらら 発達障がいのお子さまのための自宅学習支援について

発達障害、グレーゾーンの子供たちにタブレット学習がおすすめな理由

発達障害、といってもお子さんによって様々なタイプがあります。

広汎性発達障害(自閉症スペクトラム、アスペルガー)
注意欠陥多動性障害(ADHD)
学習障害(LD)

グレーゾーンといわれる、診断が出ていないお子さんをお持ちの親御さんもいらっしゃるかもしれません。

学校の勉強についていけない、といったお悩みをお持ちという方も多いのではないでしょうか。

発達障害の子供たちは、

  • 字を書く、読むこと
  • 集中力を保つこと
  • 話すこと
  • 目から入る情報の認識
  • 一時的に覚えること

ことが苦手なことが多いです。

いずれも学校で勉強をするためには大切なことですから、自分でもこれらが上手くいかないことでストレスを感じてしまったり、勉強が嫌いになる、といったことにつながりやすいです。

学校での勉強は「紙と鉛筆」を使っての読み書き、計算が中心となります。

そして普通学級に通っているのあれば、大人数での授業となります。
なかなか教師のフォローを期待するのは難しいです。

発達障害の子供たちは、視線のジャンプが苦手な子も多いと言われます。

先生が黒板に書いた文字をノートに書き写すことが難しい、ノートと教科書を使うとどこを見ていたか分からなくなってしまう。

そのため、学校の勉強がうまくできず、苦手、嫌いになってしまう可能性があります。

自宅で子供たちの勉強をサポートしてあげることはとても重要です。

タブレット学習すららが発達障害の子におすすめの理由

タブレット学習すららが発達障害、グレーゾーンの子供たちの学習に向いている、おすすめと言われる理由があります。

すららが発達障害のお子さんの学習におすすめの理由として、主に以下を挙げることが出来ます。

【すららが発達障害の子の学習におすすめな理由】

・無学年制の教材

・発達障害の専門機関(子どもの発達科学研究所)監修・開発

・すららコーチとして、実際に発達障害の子どもを指導してきた塾の先生などが多数在籍

・子どもの詳しい学習相談をすることができる

無学年制の教材

すららは無学年制で勉強をすることが出来ます。

タブレット学習とはいっても、学年制で学ぶものもありますが、すららは無学年制となります。

発達障害のお子さんの学習は、必ずしも同じペースで進むとは限りません。
学校の授業についていくのが難しい、というお子さんが多いのではないでしょうか。

タブレット学習すららは最初に、利用する子の実力をチェックして、ぴったりのレベルから学習をスタートできるようになっています。

そうしたことも、すららが発達障害のお子さんの学習におすすめとなる理由の一つです。

本人のペースで進めやすいことも、ポイントです。

発達障害の専門機関が監修・開発

すららは、発達障害の専門機関が監修し、共同開発した教材です。

すらら発達障害の子供の学習におすすめ

「子どもの発達科学研究所」はどんなところかというと、公式サイトによりますと、

当研究所では以下の4つを軸に活動を行っています。
①自閉症・発達障害の早期発見と子育て支援に関する調査研究
②こころの成長の正しい理解・啓発のための広報活動
③発達障害のある子どもたちの発達支援・教育と就労支援に関する調査研究
④その他、社会活動・普及の窓口等への支援

子どもの発達科学研究所 研究所案内より

とあります。

自閉症・発達障がいの子どもたちに関しての専門家が関わり、発達障害の子が学びやすい教材として開発されたものです。

すららコーチ、サポートが手厚い

すららが発達障害のお子さんの学習サポートとしても評価が高いのは、すららコーチに、実際に発達障害のお子さんを指導してきた塾講師などが多数在籍し、手厚くサポートしてくれるためです。

発達障害のお子さんの家庭での学習をサポートするにしても、親として迷ったり、悩むことも多いと思います。

そうした時に、専門家に相談出来るのはとても心強いのではないでしょうか。

⇒ すらら 発達障がいのお子さまのための自宅学習支援について詳しく見る

タブレット学習が発達障害の子供の学習に向いている理由

上記は、すららが特に発達障害のお子さん向けに開発されているためにオススメというポイントなのですが、タブレット学習それ自体も、発達障害の子供の勉強に向いているといえます。

タブレット学習の特徴として、以下があります。、

  • 文字を書かなくて良い場面が多い
  • 文字+音声+イラストで学ぶことができる
  • 自動で答え合わせができる
  • 自分のペースで学習できる
  • タブレット端末の範囲内なので、視線がジャンプしなくて良い
  • 子供の興味を惹く教材作りがなされている

といったことがあります。

タブレット学習がおすすめされる理由はいくつかあります。

それぞれ、見ていきましょう。

文字を書かなくて良い

文字を書くのが苦手なお子さんも多いと思います。

タブレット学習は、基本的には字を書くことはありません。
文字の練習に関しては別ですが、答えを選んで答え合わせをしていきます。

正解であれば、効果音とともにキャラクターが褒めてくれたりします。
不正解でも詳しい解説が出ます。

「文字を書く練習」もありますが、なぞっていく練習から始まりますし、タブレット端末でも字の書き順など練習ができるようになっています。

分けて勉強出来ることも、集中力が途切れがちな発達障害の子供たちには合っていることが多いようです。

読まなくて良い

タブレット学習の場合、見るべき場所はある程度決まっています。

また特に「すらら」は聞いて学べるようにもなっています。

声優さんがキャラクターの声を担当していますから、聞き取りやすいのです。

また文字を見るにしても、タブレット画面の範囲内だけです。
そのため、視線をあちこちに移動する必要がありません。

タブレット上の情報量もそこまで多くありませんから、集中力が保ちやすいということもあります。

タブレット学習は、自動で答え合わせができる

タブレット学習は、システムが自動で答え合わせを行ってくれます。

その場ですぐに答え合わせが出来ることは、子供たちの学習に大きなメリットといえます。

親の丸付けの負担も無く、楽と言えます。

自分のペースで学習できる

タブレット学習の場合、教材によって異なりますが、1回の勉強に10分~15分といった学習時間で作られていることが多いです。

10分勉強して、休憩、また10分勉強するといったこともしやすくなっています。

学習の内容も、スモールステップと呼ばれるように各単元をさらに細かく区切って勉強していくことが出来ます。

少しずつ子供のペースで進められるようになっています。

見る範囲が限られている

タブレット学習の場合、学習に必要な情報が全て画面上に収まっています。

そのため、視線をジャンプさせる必要がありません。

あちこち視線を変えることで混乱する、といったことがなくて済みます。

1回の勉強時間も10分程度となりますので、集中力も維持しやすいといえます。

子供の興味を惹く教材作り

発達障害の子供は集中力を維持するのが苦手な子が多いと言えます。

タブレット学習は、学習習慣が身に付いていない子供たちが勉強に興味を持ち続けられるように、工夫されていることが多いです。

キャラクター、音楽、効果音など。
ゲーム感覚で勉強出来るような作りになっているタブレット学習もあります。

興味を途切れさせない工夫は、紙の通信教育には無いものといえます。

発達障害の子にタブレット学習すららがおすすめ

発達障害のお子さんのご家庭での学習に、こうしたタブレット学習を利用がおすすめ、ということでご紹介をしてきました。

実際、家庭でのお子さんの学習に役立つのではと思います。

こうした教材を利用せずにご家庭でもお子さんの学習をしようと思うと、とても大変だと思います。

「すらら」のような無学年制のタブレット学習を利用して、学習を進められることをおすすめしたいと思います。

塾より「すらら」がおすすめな理由

発達障害のお子さんといっても、様々なタイプがありますので得意なこと、苦手なことも違いますよね。

発達障害のお子さん向けの塾もありますが、

「環境が変わるとどうなんだろう?」

「集中できるか心配・・・」

など心配事も尽きないと思います。

その点、自宅学習となる「すらら」は安心です。

子供の気が向いたときにいつでも学習できるメリットは大きいのではないでしょうか。

無学年式で子供の学力にあった学習を進めることが出来ますし、子供たちが集中しやすいように、発達障害の専門家と協力して開発された教材です。

また、現状では外出自粛が求められており、塾や家庭教師よりも在宅でお子さんが自分のペースで学ぶことが出来る「すらら」のようなオンライン学習教材が安心感もありおすすめです。

すららはご紹介しているとおり、「無学年制教材」の通信教材ですから子供たち一人ひとりの学力に合わせた自宅学習をすることが出来ます。

また、発達障害の子供たちの指導経験が豊富な現役の塾講師「すららコーチ」による学習指導、サポートを受けられることも大きなメリットといえるでしょう。

発達障害の子供たちの学習支援には専門知識が必要といわれます。

こうした経験豊富な「すららコーチから」に相談ができ、サポートが得られることは、お子さんの勉強に悩む親御さんの大きなサポートにもなるのではと思います。

「すらら」は発達障害のお子さんが学びやすい学習教材です

すらら発達障害の学習サポート

すららは発達障害の子供たち向けに開発された教材です。

子どもの発達科学研究所と共同開発された教材ですから、学びやすいようにポイントを抑えて開発されています。

すらら発達障害の子供の学習におすすめ

無学年制の教材であることもポイントです。

今の学年の学習内容では無く、戻って勉強したいというお子さんも多いのではないでしょうか。
苦手科目は学年を戻ってしっかり復習することが出来ます。

また得意な科目、興味を持った科目については先取り学習で進めることが可能です。
興味を持った科目があった場合、伸ばしていくことが出来ます。

詳しくは、すらら公式サイトにてご確認ください。

⇒ すらら 発達障害の子供の自宅学習に適している理由

すらら 無料体験・資料請求はこちら

すららには、無料体験もあります、また資料を請求してしっかり内容を検討することも出来ます。

興味のある方は、すらら無料の学習体験や資料請求で検討されてみてはいかがでしょうか。

紙の通信教育には無い強み、メリットがタブレット学習にはあります。

ご家庭でのお子さんの学習にぜひお役立てになってみてはいかがでしょうか。

⇒ すらら 無料体験・資料請求はこちら

-すらら
-,

Copyright© おすすめタブレット学習【マネシゴ】 , 2020 All Rights Reserved.