家庭と薬剤師の仕事を両立

薬剤師

週休3日、週に4日勤務の薬剤師求人

投稿日:

週休3日の薬剤師求人

薬剤師
mane

週休3日、週に4日働く薬剤師の働き方。徐々に増えてきつつある週休3日の勤務体系。求人数は少ないですが、働き方の選択肢としてどうでしょうか?

週休3日!薬剤師求人で年間求人数が多い働き方を実現

この記事では、東京都を中心として関東エリアでの「週休3日の薬剤師求人」を探す際に求人情報が得やすい、オススメの薬剤師紹介会社・転職サイトについてご紹介をしています。

「週休3日の薬剤師求人」、お探しでしょうか?

もちろん、正社員での週休3日の薬剤師求人です。

聞いた事はあるけれど、本当に完全週休3日制で働ける薬局ってあるの?

という薬剤師さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

週に3日休みだと、自分の時間も取りやすく充実したプライベートを過ごせそうです。

家族との時間もしっかりとれますね。

週休3日の薬剤師求人で探せる職場とは

徐々に増えつつあるとはいえ、週休3日の薬剤師求人はまだまだそれほど多くはありません。

公開されていない求人ももちろんあるのですが、薬剤師転職サイトに掲載されている「週休3日」の薬剤師求人もありますし、交渉次第で土曜日も休みと出来る場合もあるそうです。

もちろん勤務時間、勤務日数が減りますから年収はフルタイム週5日の求人よりは下がるケースは増えてしまいますが、そこまで大きく年収を落とさずに転職出来る求人もあります。

薬剤師さんの持つ経験と、調剤薬局の経営状態、人材採用の緊急度の度合い、転職エージェントの交渉力など様々な条件が絡んできますから一概には言えませんが、東京都などは調剤薬局の数も多いですから、そうした交渉が可能な薬局がある場合も。

週休3日で働く事が出来る主な職場は、調剤薬局となります。

実際、この記事を書くにあたり多くの薬剤師転職サイトで調べてみましたが、調剤薬局がほぼ9割以上といった状況でした。

今、4週6休で働かれている薬剤師さん。
週休2日制と言いつつ、休みが取れないくらい忙しい薬剤師さんも多いのではと思います。

自分の時間、家族との時間が欲しい薬剤師さんにおすすめ週休3日の働き方

週休3日の薬剤師求人を探すには

忙しくて家族との時間が取れない、すれ違いが続いている・・・。
収入は少し下がっても良いから、もう少し自分の時間を持ちたい・・・と願う薬剤師さんなどもいらっしゃるかもしれませんね。

年収・キャリアを追求するよりは、家族との時間、プライベートの充実、といった事を優先したい薬剤師さん向けとなるかもしれません。

週休3日の薬剤師求人は例えば、次のような薬剤師紹介会社、転職サイトを利用する事で求人情報の収集をする事が出来ます。

週休3日の薬剤師求人を見つけるには

希少な週休3日の薬剤師求人をお探しになる方法として、実際に求人掲載が見られた次のような薬剤師紹介会社、転職サイトをオススメしたいと思います。

などは掲載されている薬剤師求人数も多いですから、情報収集しやすくオススメです。

求人数の多さで言うと、業界トップクラスの求人数を持つファルマスタッフが便利ですね。
拠点数も多く、全国の調剤薬局などをしっかりとカバーしています。

東京都はもちろん、関東エリアほか全国で求人情報を得ることが出来ます。

週休3日の薬剤師求人は希少かつ人気がありますから、まずは情報をしっかりと逃さずに得る事が重要かなと思います。

非公開求人の中にある場合もありますし、交渉によって可能となる場合もあります。
担当コンサルタントの能力によって、求人を見つけてこられるかどうか、といった側面もある条件とも言えます。

複数の人材紹介会社を活用してみて、週休3日の薬剤師求人に関しての情報が得られるかどうかで利用を考えてみる方法もありますね。

週休3日の薬剤師求人、年収について

前述しましたが、週休3日の場合には勤務日数が週4日となります。
働く日数が単純に減りますから、その分、給与・年収が経るケースは多くなってきます。

給与に関しては納得して受け入れるか、どうしても今の年収を維持したい、あまり減らしたくない場合には対策は必要となってくるでしょう。

提示している給与が高い調剤薬局を引き続き探すか、週4日でも1日の労働時間を延ばせる交渉をしてみる、などがあるでしょうか。

基本的には、働く時間・日数は減りますから給与も減るという事は納得の上で週休3日の薬剤師求人をお探しになると良いかと思います。

週休2.5日の薬剤師求人

また、週休2.5日の薬剤師求人も含めて探してみたい、といった相談も上記のような薬剤師求人を専門とする転職エージェントなどに相談をしてみてください。

お住まいのエリア、通勤可能な範囲で週休2.5日で交渉可能な調剤薬局、実際に募集を行っている調剤薬局を調べて、求人紹介をしてもらう事が出来ます。

週休2.5日は、「平日1日+土曜日午後+日曜・祝日休み」といった働き方ですね。
こうした勤務が可能な薬局は比較的多いといえます。

週休3日、週休2.5日といった働き方は、家庭や子育てをしやすい働き方、プライベート重視など、そうした働き方を希望される薬剤師さんには非常に働きやすい職場となるのではないでしょうか。

週休3日の薬剤師求人を見つけるには、記事中でご紹介したような薬剤師紹介会社、転職サイトを活用されて、求人をお探しになってみてください。

薬剤師に人気の働き方

ゴールデンウィークなど薬剤師バイト・短期 薬剤師派遣

薬剤師でダブルワーク、副業のためにアルバイトをする方も少なくありません。

高時給の求人が多く稼げますし、ゴールデンウイークなどの大型連休で短期・単発バイトをしたい薬剤師さんへ。

お盆・年末年始の薬剤師バイト

お盆、年末年始といった連休を活用して稼ぎたい、アルバイトをしたい薬剤師さんも多いでしょう。連休で稼ぐための薬剤師求人の見つけ方についてご紹介しています。

-薬剤師
-

Copyright© 子供の勉強、家計、ママの仕事の情報サイト【マネシゴ】 , 2023 All Rights Reserved.