外壁塗装に悩む主婦
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

外壁塗装

窯業系サイディングの外壁塗装をするときの注意点!

投稿日:

外壁塗装を考えているママ
mane

窯業系サイディングが外壁、という方の場合には外壁塗装の際に気をつけたいポイントをご紹介します!外壁塗装の時期はいつが良いのか、といったことも解説しています。

窯業系サイディングの外壁塗装

窯業系サイディングが外壁、という方の場合には外壁塗装の際に気をつけたいポイントがいくつかあります。

新築時の外壁に、窯業系サイディングを選ばれた方も多いと思います。

品質も安定しており施行性の高さから人気が高く、新築戸建て住宅の7割、8割が窯業系サイディングだと言われています。

・デザインが豊富
・耐震性、耐火性、遮音性の優れたサイディング
・工期が短い

といったメリットが選ばれている理由です。

窯業系サイディングもしっかりとメンテナンスをしてあげることが必要です。
適切な時期にメンテナンスする必要があります。

外壁は紫外線、雨、風、雪などの影響を受けて劣化が生じてしまいます。

メンテナンスフリーの外壁ではありませんので注意が必要です。

窯業系サイディングを外壁塗装する際の注意点について、抑えていきましょう。

窯業系サイディングの外壁塗装、タイミングはいつ?

窯業系サイディングはデザイン性の高さが魅力ですが、紫外線、雨、風、雪などの影響を受けて劣化しますので、適切な時期に外壁塗装やメンテナンスをする必要があります。

外壁塗装を検討した方が良い時期としては、次のような症状が見られた時となります。

チョーキング

経年劣化によって、外壁を手でこすると白っぽい粉が付くようになります。

チョーキングと言われる劣化現象です。

チョーキング現象が起こり始めると、外壁を保護する機能が低下、失われてきていることになりますので早めの対策が必要です。

紫外線、雨、風、雪などの影響を受け窯業系サイディングは水に弱いです。

外壁に苔や藻、カビが発生している

外壁に苔や藻、カビが発生し始めたら、外壁の塗膜の防水性能が低下しているサインとなります。

塗膜には防苔や防藻、防カビ剤が含まれていますから、そうした機能も低下していると考えられます。

苔や藻、カビは水分の無いところには生えません。

目地シーリング(コーキング)ひび割れ、剥がれ

シーリングも耐用年数が10年と言われています。

外壁の環境によってはもっと早い時期に劣化しますので、定期的に点検することが重要です。

シーリングにひび割れがあると、そこから雨水が内部に侵入する可能性が出てきます。

ひび割れ、剥がれた部分が見つかったら早めにメンテナンスをすることが大切です。

外壁にクラック(ひび割れ)がある

外壁にクラック(ひび割れ)が出てきたら、要注意です。

浅い、程度の小さいひび割れであればまだ様子を見ても良いですが、外壁塗装の時期が近いことは間違いありません。

ひび割れも大きく、深く進行してきます。
そうなると、ひび割れ箇所から雨水の浸水が考えられます。

冬など寒い時期にひび割れから水が染みこんでしまうと、水分が中で凍結しサイディングが割れる可能性もあります。

住宅を長持ちさせるには、水分が内部に入ることを防ぐ事が重要となります。

住宅環境によっては外壁の劣化が早い場合も

どんな外壁も同じ時期に塗り替え時期、メンテナンス時期がくる訳ではなく立地条件、住宅環境によっては劣化が早い場合もあります。

そのために、気になったときに外壁の状況をチェックすることも大切ですし、時期を決めて定期的に住宅の外壁の状況、カビや藻、苔などが生えていないか、チョーキングが起きていないか、といったことを見る必要はあるでしょう。

外壁塗装の時期としては新築から10年~15年が目安になります。

早いと8年といった時期に塗り替えが必要になることもあります。

劣化症状が出てきたら、早めに外壁の状況を専門家(外壁塗装業者)に確認をしてもらうことをおすすめします。

⇒ 外壁塗装で地元の優良塗装業者を調べるための専門サイトなどを活用されると良いでしょう。

知り合いに腕の良い塗装業者がいて、といった場合などには利用する必要は無いと思います。

窯業系サイディングの外壁塗装では注意点が多々あります。

そのため、しっかりと窯業系サイディングの知識、塗装経験がある業者を選ぶ必要があります。

窯業系サイディング、外壁塗装の注意点

窯業系サイディングの外壁塗装に関して知っておきたい注意点などについて見ていきましょう。

窯業系サイディングについて

そもそも窯業系サイディングってなんだっけ?という方も多いと思います。

新築時の打ち合わせで聞いたはずだけど、もう大分前だし忘れた・・・という方も多いのではないでしょうか。

レンガ、木調、自然石など意匠性の高さが魅力の一つですよね。

様々なデザインが選べるということから窯業系サイディングに決めた、という方も多いのではと思います。

耐震性、耐火性、遮音性の優れている点もメリットです。

窯業系サイディングの特徴は、

「原料の約80%がセメント、残りの20%が繊維質・増量材で作られているため様々なデザインを作る事ができる」

といったことになります。

セメントが混ぜられているために、強い耐震性、耐火性があります。

工期が短い事もメリットです。

早く工事が終わる方が人件費なども安く済みます。

素敵なデザインの外壁が多いからこそ、適切な時期に外壁塗装などメンテナンスをすることがとても大切です。

窯業系サイディングを外壁塗装する場合

住宅が窯業系サイディング、といった場合の外壁塗装ではどう塗装するかに関して決めることが重要です。

意匠性の高いものが多いですから、そのまま残しつつ塗り直しをしたいという方も多いのではないでしょうか。

一度塗装してしまうと下地の色は復元できないため、塗りつぶすかどうかに関してはしっかりと検討された方が良さそうです。

塗り潰し塗装

単色、一色塗の塗装方法です。

塗り潰すと、下地の色を復元することは出来ません。

多彩色塗装

2色以上の色を使う塗装方法となります。

サイディングの形により、様々な種類の塗装方法があります。
経験豊富な塗装業者を選ぶ必要があるでしょう。

シーリング目地にも多彩色塗装を施すことも出来ます。
そうすると、目地が目立たなくなりとてもオシャレな外壁となります。

クリヤー塗装

クリヤー塗装を選んだ場合、元のサイディングのデザインを復元することができます。

透明の塗料を塗り光沢を出すことが出来ます。

窯業系サイディングの外壁塗装では、模様をそのままに綺麗にしたいという方も多いと思いますので、第一の選択肢として検討されてみては。

しかし、サイディングが劣化している場合にはクリヤー塗装をすることが出来ない場合もあることには注意が必要です。

劣化が進む前であれば、クリヤー塗装を選べる場合が多いので、早めの時期に外壁の塗替えを検討された方が良いでしょう。

クリヤー塗装が出来ない場合

クリヤー塗装を選ぶことが出来ない場合、

  • 塗り潰し塗装
  • 多彩色塗装

を選ぶ事になります。

外壁塗装はシーリングの補修が重要です

外壁塗装の際、同時にシーリングの補修も重要な作業です。

シーリングも耐用年数があり、劣化しひび割れたり剥がれたりします。
そこから、雨水などが内部に浸水するおそれは十分あります。

  • 打ち増し
  • 打ち替え

の補修方法があります。

費用としては、打ち増しの方が安く済みます。

目地部にひび割れを発見した場合には、早急に外壁塗装を検討する必要があります。

目地に汚れが目立ってきた場合にも、劣化が進んできているサインとなります。
定期的にチェックされることをオススメします。

住宅を長持ちさせるために特に重要なのは「防水性」です。

そのため外壁の状態、シーリングの状態はとても重要となりますね。

窯業系サイディングの外壁塗装に失敗しないために

窯業系サイディングの戸建て住宅は7割以上、と言われます。

とはいえどの塗装業者も施工実績が多いというわけではありません。

サイディングに合わせた施工方法を適切に選ぶことが出来る業者を選ぶ必要があります。

特に多彩色塗装、シーリング部分も塗りたい場合には経験のある塗装業者を選ぶ事が成功のポイントになります。

外壁塗装業者選びには、専門的な知識も必要となります。

専門の相談員がいる外壁塗装の専門サイトを利用する方法がおすすめです↓

-外壁塗装
-,

Copyright© 女性の仕事、転職 情報サイト【マネシゴ】 , 2024 All Rights Reserved.