高時給の薬剤師派遣

薬剤師

薬剤師の単発派遣 短期で働くための薬剤師派遣会社

投稿日:

薬剤師の単発派遣 短期で働く

薬剤師の単発派遣について
mane

薬剤師の単発派遣の仕事が見つかりやすい派遣会社を知りたい。短期の派遣にも強いところがあれば利用したいな、という薬剤師さん向けにおすすめをご紹介しています。

空いた時間を利用して収入を得たい

短期間だけ働きたい

とお考えの薬剤師さん向けに、短期の派遣に強い薬剤師派遣会社、単発派遣の薬剤師求人にも強い派遣会社、両方をご紹介しています。

薬剤師は高時給ですから、単発派遣・スポットで1日だけ働いてもしっかり稼ぐことが可能です。

時給3,000以上の仕事もありますから日給2万円以上を稼げる求人案件も多いです。

1ヵ月や2ヵ月など、短期間だけ働きたい事情がある薬剤師さんもいらっしゃると思います。

短期~長期まで、様々な派遣期間で求人が見つかる薬剤師派遣会社をご紹介していますので、ぜひ活用してみてください。

薬剤師派遣 短期の求人にも強い薬剤師派遣会社

短期間、例えば1ヵ月~2,3ヵ月など数ヵ月だけ、期間限定で働きたい薬剤師さん向けの短期派遣を探しやすい、おすすめの薬剤師派遣会社をご紹介します。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフの短期派遣

1ヶ月から数ヶ月まで期間限定で働くことができる薬剤師求人に強いのがファルマスタッフです。

業界大手、派遣薬剤師求人数は業界トップクラスです。

高時給の求人案件も多く、短期のお仕事でもしっかり稼ぎたい薬剤師さんはぜひ登録してみてください。

東京都の薬剤師派遣を中心として、北海道~福岡、沖縄までお仕事探しが可能です。

派遣会社は大手に登録をして利用するのがおすすめです。
福利厚生などが充実していますし、やはり求人数が豊富、ということが理由です。

ファルマスタッフは利用した方の90%以上が満足、と回答。
初めてのお仕事探しとなる薬剤師さんもしっかりサポートしてくれます。

教育サポートもしっかりしていますから、派遣として働く場合でもスキルアップを目指していくことが可能です。

短期の派遣求人を探す際、まずおすすめしたい薬剤師派遣会社がファルマスタッフです。

⇒ 薬剤師の派遣求人・転職なら「ファルマスタッフ」

お仕事ラボ

派遣薬剤師求人の取り扱いもあるのがお仕事ラボです。

お仕事ラボは、株式会社AXISが運営する薬剤師に特化した転職サイト。

運営会社は「アイセイ薬局」の子会社で、アイセイ薬局は調剤薬局を全国で300店舗運営しています。

大手調剤薬局が運営していることから、調剤薬局の求人が多いです。

お仕事ラボはコンサルタントの丁寧なヒアリング、求人紹介の評価は高い会社です。

求人件数はファルマスタッフの方が多いですから、併用されると良いと思います。

⇒ 薬剤師の派遣・転職【お仕事ラボ」

薬剤師単発派遣について

薬剤師の単発派遣の働き方は、1日単位から働くことができる、融通の利いた働き方です。

1日単位・スポットで働くことができますから、ダブルワークで稼ぎたい薬剤師さん、子育ての合間に都合の良い日を利用して収入を得たいママ薬剤師などにも便利な働き方としておすすめです。

単発派遣の時給、相場としては首都圏など都市部では時給2,500円~3,000円前後の求人が多いです。

地方だと、時給3,000円以上の求人も多くなります。
人手不足な地域ほど、高時給となる傾向があります。

では、どういった派遣会社を利用すれば多くの単発派遣の求人情報を得らえるのでしょうか。

ここでは薬剤師単発派遣のおすすめ派遣会社をご紹介します。

薬剤師単発派遣の求人、おすすめ薬剤師派遣会社

薬剤師単発派遣の求人、おすすめ薬剤師派遣会社

ファル・メイト

薬剤師派遣会社ファル・メイト

単発派遣の求人に強い派遣会社としてお勧めしたいのは、ファル・メイトです。

ファル・メイトは薬剤師専門、派遣や転職支援を行っています。

全国の薬剤師求人を扱っていますが、関東・関西に特に強いのが特徴です。

関東・関西エリアの派遣では最低時給2,800円を保証するなど、高時給で働くことが出来る点もおすすめのポイントとなります。

高時給の派遣求人が多いことが特徴です。

地方の派遣の場合、時給が高くなる傾向がありますが時給4000円以上といった、高時給単発求人も見つかることがあります。

単発派遣にも強い派遣会社です。

派遣だけではなく転職支援も相談が可能ですから、状況に合わせて相談してみてはいかがでしょうか。

ファル・メイトは都合の良い日を活用して単発派遣で稼ぎたい、という薬剤師さんにおすすめです。

⇒ 単発派遣で働きたい薬剤師さんにおすすめ【ファル・メイト】

派遣薬剤師で短期、単発派遣で働くメリット

薬剤師が短期派遣、単発派遣で働く場合メリット・デメリットの両方があります。

メリットから先にご紹介をしたいと思います

薬剤師派遣 短期・単発のメリット

短期派遣で働く薬剤師

高時給で働ける。
都合の良い日を利用して働くことが出来る、人間関係が楽、といったことがメリットとして挙げられます。

単発派遣は高時給

単発派遣の求人の多くは、高時給で募集されていることが多いです。

派遣会社にスポットで派遣依頼がある背景には、即戦力の薬剤師に急ぎ現場(主に調剤薬局)に入って欲しい、という事情があります。

調剤薬局の業務の多くは薬剤師が不在だと成り立たないですし、急な欠勤などで人数が足りなくなってしまうと、調剤業務などに支障が出る可能性もあります。

そのため、高い時給を払っても良いから薬剤師にヘルプに入って欲しい、というから稼げる求人が多いということになります。

地方になると時給4,000円超えの派遣求人も。

北海道、宮城県、滋賀県、鹿児島県など、関東や関西でも都市部から離れると時給4,000円前後の求人が見られます。

短期の場合には少し時給は下がりますが、それでも稼げる働き方であると言えます。

都合の良い日を利用して働ける

単発派遣の場合には、1日単位で働く日を選ぶことが出来ます。

仕事ありきですから、都合の良い日に完全に自由に仕事を入れることはできませんが、それでも休日や都合の良い日に働くことができるメリットは大きいでしょう。

ダブルワークで稼ぎたい場合や、育児の合間に子供を見てもらえる日に働くことが出来ます。

離職中で短期や単発派遣をメインに収入を得ている薬剤師さんもいらっしゃいます。

人間関係が楽

短期や単発派遣で働く場合、人間関係が楽と感じる薬剤師さんが多いようです。

正社員やパートとして働く場合、人間関係で合わないスタッフ、上司、経営者がいたとしてもどちらかが辞めるまでは我慢して働くことになります。

逃げ場がないのです。

しかし、短期派遣や単発・スポットで働く場合には、そうした辛さがありません。

単発派遣ならその日だけ、短期の場合でも勤務期間が限定されていますから、そこまで乗り切れば良いという気持ちの整理がしやすいメリットがあります。

仕事上で必要なコミュニケーションさえ取れれば、あとは無理に仲良くなる必要もないでしょう。

薬剤師派遣 短期・単発のデメリット

次に薬剤師派遣 短期・単発で働くデメリットをご紹介します。

長期の派遣や正社員転職と比べて求人が少ない。
即戦力を求められる。
スキルアップには向かない。
人間関係を構築しにくい、などのデメリットがあります。

長期の派遣や正社員転職と比べて求人が少ない

短期・単発派遣で働くデメリットとして、長期の派遣や正社員転職と比べて求人が少ないということが挙げられます。

欠員を埋めるために募集するケースが多いため、長期で長く働いて欲しい需要と比較をすると、求人が少なくなってしまいます。

そのため、エリアによっては都合の良い日に働ける仕事が無い・・・といった可能性も。

仕事内容も同様です。

やりたい仕事内容で求人が見つからない可能性もあります。

即戦力を求められる

デメリットの2つ目としては、基本的には即戦力が求められるということが挙げられます。

未経験歓迎の薬剤師求人はまず見られません。

どんな現場に行っても、すぐに戦力として働ける薬剤師さんが求められています。

1日だけ働く薬剤師さんに丁寧に仕事を教えている暇などありません。
まして人手不足だから来てもらっているのに、というのはあるでしょう。

そのため求人に応募する際に経験が問われるケースもあります。

スキルアップには向かない

短期・単発派遣で働く場合、スキルアップには向きません。

重要な仕事は正社員が基本的には行いますし、パートとして長く働く薬剤師さんが担当するでしょう。

短期、単発で派遣されてきた薬剤師は、同じような業務を担当することが多くなります。

スキルアップを望む方には物足りない働き方になる可能性が高いです。

人間関係を構築しにくい

メリットの裏返しにもなりますが、単発派遣は特に当てはまります。
人間関係が構築しにくい、ということです。

短期派遣なら多少は人間関係を構築して、スムーズに業務が進むようにしたり、職場に溶け込む価値はあると思います。

日々誰とも話さず、黙々と業務をこなす・・・
といった働き方が向いている方もいるかもしれませんが、少しはスタッフの皆さんと会話をしたい、といった気持ちがある方もいるでしょう。

職場で人間関係もある程度欲しい、コミュニケーションを取りたいといった薬剤師さんは長期派遣の働き方をお考えになってみてはと思います。

薬剤師単発派遣で働くための条件

薬剤師が単発派遣で働くためには、条件に該当することが必要となります。

以下の条件のうち、いずれか1つに当てはまっていれば、単発派遣薬剤師として働くことが可能です。

  • 年齢が60歳以上の方
  • 学生(定時制・通信制を除く)
  • 副業目的の方(本業年収500万円以上)
  • 主たる生計者ではない方(世帯年収500万円以上)

主たる生計者ではない方(世帯年収500万円以上)、という場合にはママ薬剤師の方が多いでしょうか。

旦那さんの収入が年収500万円以上であれば、単発派遣で働くことが出来ます。

子育ての合間に働きやすいので、家事・育児で離職中のママ薬剤師さんが仕事の勘を忘れないため、生計を支えるための働き方としておすすめです。

⇒ 単発派遣に強い薬剤師派遣会社【ファル・メイト】

薬剤師派遣会社に登録する時のポイント

薬剤師派遣のメリット

薬剤師派遣会社に登録をする際、次のポイントに注意して登録されるのがおすすめです。

希望する薬剤師求人の紹介をしてもらえるか

派遣薬剤師として働きたい場合、希望の労働条件や時給があると思います。

もちろん働きたいエリアもあるでしょう。

それら希望条件に合った求人の取り扱いがあることが大切です。

多くの薬剤師派遣会社ではサイト上に求人を掲載しており(公開求人)、登録前にある程度、希望条件に合致した求人があるかどうかをチェックすることができます。

非公開求人もありますから、その結果が全てではありませんが参考にすることはできるでしょう。

福利厚生の充実した大手派遣会社を選ぶ

基本的に、福利厚生については会社の規模が大きいほど充実している傾向があります。

派遣薬剤師として働く場合、社会保険や福利厚生は派遣会社のものが適用されます。

そのため少しでも充実していた方が良いと思います。

福利厚生などは登録前に派遣会社のホームページで確認することができます。

複数の派遣会社に登録をする

派遣で働く場合、登録してすぐに希望条件で派遣先が見つかるとは限りません。

登録してからしばらくの間、仕事が決まらないこともあるのです。

その間は無収入です。

そのため、複数の派遣会社に登録をしておくことをお勧めします。
選択肢は多い方が良いですよね。

紹介してもらえる求人数が増えるということになります。

特に短期、単発派遣で働く場合には求人数が少なくなりがちですから、複数の派遣会社に登録をするのは必須と言えるかと思います。

薬剤師の単発派遣 短期で働く、まとめ

短期、単発派遣で働くことを希望されている薬剤師さん向けに、それぞれの働き方でおすすめの派遣会社をご紹介しました。

ご家庭の事情などで正社員やパートとして働くのが難しい・・・

といった薬剤師さんもいらっしゃると思います。

そうした場合、派遣会社を利用して都合に合わせた働き方を探してみてください。

-薬剤師
-

Copyright© 子供の勉強、家計、ママの仕事の情報サイト【マネシゴ】 , 2022 All Rights Reserved.