幼児、小学生のタブレット学習は視力低下のおそれ

子供 プログラミング

プログラミングにおすすめ小学生向け子供用ノートパソコン

投稿日:

プログラミングにおすすめ小学生向け子供用パソコン

2020年から小学校でもプログラミング教育が必修となりました。

それに合わせ、子供用のノートパソコンを新たに購入しよう、と色々と比較したり迷われているご家庭も多いと思います。

家庭で子供向けに買うパソコンであれば、持ち運びもできて収納に場所も取らないノートパソコンがおすすめです。

今年はリモートワークで自宅でお仕事される機会も多いと思います。
既にご両親用のパソコンが既にあるかもしれません。

でも、パソコンを仕事用に使用している場合には子供と共有は難しいですよね。

子供に使わせると万が一、壊される心配もあります。
(壊れるまではいきませんでしたが、PCの挙動がおかしくなった経験があります)

子供は想像もしない使い方をすることがありますから、仕事用パソコンとは分けてプログラミング学習などに使わせた方が安心ですよ。

ジュースなどをこぼして物理的に壊される可能性もあります・・・。

この記事では、プログラミング学習におすすめしたい、小学生向け子供用パソコンについて比較のポイント、選び方についてご紹介しています。

おすすめ子供用ノートパソコンもご紹介しています。

子供用パソコン プログラミングのために購入するなら予算・価格を明確に

子供用パソコン プログラミングのために購入するなら予算・価格を明確にすることが大切です。

色々とノートパソコンを比較していると、つい目移りしてしまって、

「子供用だけではもったいない、自分達も使うためにグレードの良いパソコンを購入しようかな・・・」

と思ってしまう瞬間があるかもしれません。

しかし、一緒に共有するのは避けた方が良いと思っています。

  • パソコンを使いたい時間が被る可能性
  • パソコンが子供に壊される(起動しなくなるなどの可能性)

といったことが考えられるためです。

子供のプログラミング用、ということで購入をお考えになったのでしたら、プログラミング用のパソコンと割り切って安いノートパソコンを購入されることをおすすめします。

その方がお金も安く済みます。

それに本当に子供たちはどんな使い方をするか分からないですから、ノートパソコンは安いもの
小学5年生、6年生ともなれば、もう無茶な使い方はしないとは思いますが、小学校低学年からプログラミングのためにパソコンを与える場合には、注意が必要と思います。

安いノートパソコンで済ませる。

となれば、予算として5万円以内で購入を検討されるのがおすすめです。

急にプログラミングのために子供用パソコンを購入することになった場合には、できるだけ安く済ませたいよね、という親御さんも多いと思います。

5万円以内のノートパソコンはたくさんあります

5万円以内のノートパソコンでも、たくさんの種類を見つけることができます。

⇒ Amazon 4万円~5万円のノートパソコン

2万円台からでもノートパソコンを購入することはできますので、予算に応じて子供のプログラミング用ノートパソコンをお探しになってみてください。

タッチパネル搭載でも探すことができます。

小学生用のノートパソコンであれば、手で触りたがることも多いでしょうし、タッチペンでのお絵かき、タブレット学習でもタッチする機会は意外とありますので、タッチパネル搭載ノートパソコンがおすすめです。

次に、小学生向け子供用パソコンの選び方についてみていきましょう。

小学生、子供用ノートパソコンの選び方

Scratch

小学生がプログラミング用に使うノートパソコンを購入されるのであれば、子供が使いやすいパソコンを購入することが大切になります。

デスクトップよりも持ち運びしやすいノートパソコンが良いと思います。

今後、パソコン教室に通うことをお考えの場合にも持ち出すことができます。

小学生、子供用ノートパソコンの選び方として気を遣ってあげたいポイントをご紹介します。

子供の手でも打ちやすいキーボード

ノートパソコンを利用するお子さんの学年にもよりますし、手の大きさも個人差がありますね。

お子さんの手がまだ小さい場合には、打ちやすいキーボードであることを重視して選ばれると良いです。

打ちにくいと、やる気をなくしてしまいやすいです。

最初にタイピングの練習もすると思いますので、そこでやる気が無くならないようにしてあげたいですね。

キーの間隔が狭いと打ち間違いも多いですから、少し間隔があるキーボードを選ばれるのがおすすめです。
またキーが大きいと指が届かないですから、少し小さめのものを選ぶこともポイントになります。

まずは、キーボード入力に慣れることが大切です。

ノートPCのサイズにもよりますね。

メーカーのページにサイズが掲載されていますので比較の参考にしたいところです。

配列に関しては、標準的な日本語の「JIS配列キーボード」であることも確認してくださいね。

目が悪くならないように、見やすい液晶ディスプレイを選んであげる

子供にノートパソコンを買う時に、気になるのは「子供の視力が悪くならないかどうか」というご両親は多いと思います。

小学生の約3割が裸眼視力「1.0未満」だということですからね・・・テレビ、ゲーム、スマホなどで視力が下がりやすい環境にありますから、さらにノートパソコンを使う時間が増えることで視力が悪くなるのは避けたいです。

そのためには、目に負担が少ないディスプレイを選んであげることが大切です。

液晶ディスプレイにはグレア(光沢)タイプとノングレア(非光沢)タイプがあります。

おすすめのディスプレイは、

ノングレア液晶(非光沢液晶)」

です。

ノングレア液晶(非光沢液晶)は光の反射などによる目への負担が軽減されます。
一言でいうと、眩しくないです。

そのため長時間、画面を見ていても目に負担をかけにくいといえます。

また光沢液晶よりも画面にも傷が付きにくいとされます。

つい画面を触ってしまうお子さんも多いと思いますからね。
そういった意味でもノングレア液晶が良いと思います。

軽量・持ち運びやすいノートパソコンを選ぶ

ノートパソコンを買うメリットの一つは、しまう際に場所を取らないことです。

デスクトップパソコンの場合、本体+ディスプレイでかなり場所を取ってしまいますから、置き場所がない・・・という場合もあると思います。

勉強机やリビングのテーブルで使うときに、広げることで場所をとりません。

軽量だと子供でも持ち運びしやすいので良いですよ。

少しコンパクトで軽めのノートパソコンであれば、14インチ以下で購入される方が良いのかなと思います。

メーカーのパソコン詳細ページに主さの記述もあります。

Amazonの商品ページにも本体重量などの記載があると思いますので、購入を検討されるパソコンに関しては、ぜひ詳しくスペックも含めて重量についてもご確認になってみてください。

頑丈で壊れにくいパソコンを選ぶ

子供にパソコンを使わせる場合、壊れにくいこともできれば選ぶ際のポイントにしたいところです。

良いなと思った「パソコンの名称+堅牢性」で検索すると、耐久性テストなどについて情報が出てくることも多いです。

「Google Chromebook Acer Spin 311 堅牢性」

といった調べ方になります。
(種類によっては出てこない場合もあります)

大人ならやらないことも、子供はやってしまう可能性があります。

引っかけて机から落としたり、物をぶつけたり。

また飲み物をこぼす!といったことも考えられます。

多くのノートパソコンにとって、ジュース、水類は天敵です。
キーボードが壊れたり、パソコンが壊れる原因となります。

ノートパソコンの中には、堅牢性、壊れにくさに非常に力をいれているものもあります。

耐久テストをしっかり行っていて、防滴キーボードを備えているパソコンもありますので、余裕があればそこまでお調べになると良いと思います。

またHDDよりもSSDの方が耐振動性に優れていますからより安心です。
落としたり、ぶつけたりしても壊れにくいです。
(壊れるときは壊れますが・・・)

SSDは起動も処理も速いのも、おすすめのポイントです。

子供用のノートパソコンは、出来るだけ頑丈で壊れにくいパソコンを選んであげることも大切なポイントですね。

パソコンの予算を決めておく

冒頭にも載せたのですが、子供用のパソコンを購入する際、やはり重要なのは予算ですね。

お金を出せば良いパソコンが購入できます。

しかし、プログラミング学習が目的になりますし、子供たちがメインで使う場合壊れる可能性があります。

そのため、高性能なパソコンを購入するリスクは考える必要があるかなと思います。

例えば、子供用のパソコンとして価格の相場を考えた場合、3つの価格帯でお考えになると良いと思います。

  • 2万円~3万円台
  • 5万円以下
  • 5万円~10万円以下

格安、5万円以下のパソコンとはいってもタイピングやプログラミング、Scratchを使うといったことであれば十分早いです。

パソコンに慣れることも考え合わせると、十分といえるのではないでしょうか。

⇒ Amazon タッチパネル ノートパソコン 1万円~5万円台 一覧

利用時間を制限し、有害サイトをブロックすることも大切

子供たちにパソコンを使わせる場合、大切なこととして、

  • 利用時間を制限する
  • 有害サイトをブロックする

という2点があります。

Windows10であれば「ファミリー機能」があります。

ファミリー機能の特徴は、子供用のアカウントを作成することができ、

  • 有害サイトをブロック
  • 有料課金サイトをブロック
  • PC使用時間を管理

することができますので、安心です。

Windows10搭載のノートパソコンでも5万円以下で購入することができますので、比較をされる場合には、OSも確認されてみてはと思います。

子供用パソコンにWindowsパソコンを選ぶメリット

プログラミング学習をすること自体は、WindowsでもMac、ChromeOSなどどれでも問題ありません。

ただ日本国内ではWindowsのシェアが大きいですし、小学校で使用するパソコンもWindowsが大多数といえます。

中学、高校とプログラミング学習をするにしてもWindowsとなるでしょう。

そのため、今後を考えるとWindowsに慣れておくほうが良いと思います。

ですから、特にこだわりが無い場合には子供用のパソコンもWindowsで選ばれることをおすすめします。

子供用のパソコン選び、比較のポイントは「HDD、CPU、メモリ」

子供用のパソコンを選ぶ際、重要な比較のポイントは3つに絞ることが出来ます。

  • HDD
  • CPU
  • メモリ

の3つです。

HDD、SSDどちらがおすすめ?

HDDは、SSDがおすすめです。

我が家にはHDDパソコン、SSDパソコンと両方があるのですが、実際に比較をすると圧倒的にSSDが早いです。

それに衝撃にも強いです。

SSDの特徴を簡単にまとめると、

  • HDDよりも早い(2倍~3倍速い)
  • HDDよりも静か
  • HDDと違いほとんど発熱しない
  • HDDよりも衝撃に強い
  • HDDよりも寿命が長い

ということになります。

今は大体SSDではないかと思いますが、一応、購入される際にはご確認になると良いと思います。

CPU

CPUは先ほどまとめましたが、Core i5がオススメですが、Core i3でも良いと思います。
予算に応じて、お選びになることをオススメします。

例えばマインクラフト(Minecraft)をする予定などがある場合、

  • 必要動作環境
  • 推奨動作環境

は確認しておく必要があります。

マインクラフトの推奨スペックを見ると、CPUは「Intel Core i5 4690」といったように掲載されています。

また、オンラインプログラミングスクールでもそれぞれ、必要なパソコンのスペックが明記されていると思います。

利用の予定に合わせてノートパソコンを購入されることが重要です。

メモリ

パソコンにおけるメモリは、よく作業机と言われることがあります。

メモリが大きいほど、たくさんの作業をすることが出来るイメージです。

実際にパソコンを購入される際には、

  • 4GB
  • 8GB
  • 16GB

で迷われる方が多いと思います。

おおまかにメモリー容量に関しては、

4GB:メール、ネットサーフィン、負荷が小さい作業用

8GB:画像編集、ゲーム、複数プログラムの同時起動など

16GB:高性能ノートパソコンに多く、巨大な画像ファイルを扱う場合などに必要なレベル

ということになります。

プログラミング学習が目的であれば、4GBでも良いと思いますが将来的に発展してゲーム作成、マインクラフトなどもするようになるのでしたらやはり8GBあると安心と思います。

スクラッチ(Scratch)を使うためのパソコンのスペック

スクラッチ(Scratch)は子供プログラミングのメインになりつつあります。

ご自宅でも利用可能ですよ。

子供のプログラミング学習なら、スクラッチで学ばせたい、というご家庭も多いのではないでしょうか。

今はScratch3.0となります。

Scratch 3.0

Scartch3.0が利用できるウェブブラウザが変わります。

  • Chrome(63以上)
  • Microsoft Edge(15以上)
  • Firefox(57以上)
  • Safari(11以上)

Internet Explorerが非対応となります。

Scratch3.0から「Adobe Flash Player」が不要です。
そのため、スマートフォンからも閲覧可能となっています。

タブレットの場合は、モバイル用Chrome(62以上)、モバイル用Safari(11以上)となります。

おすすめ、小学生向け子供用ノートパソコン

ということで、これまでのおすすめノートパソコン条件で、Amazonで検索した商品ページがこちらとなります。

⇒ Amazon タッチパネル ノートパソコン Windows 1万円~5万円台 一覧

プログラミングにおすすめ小学生向け子供用パソコン、まとめ

自宅でのプログラミング学習にもおすすめ、学生向け子供用パソコンということでご紹介させていただきました。

子供用ノートパソコンのスペックであったり、ノートパソコン選びの際の比較のポイントなどについてご紹介をしてきました。

改めてノートパソコンを調べてみますと、3万円~5万円以内で十分な性能を持つノートパソコンが購入できますね。

ぜひご予算応じて色々なメーカーのパソコンを比較してみてください。

-子供 プログラミング
-

Copyright© おすすめタブレット学習【マネシゴ】 , 2020 All Rights Reserved.