看護師夜勤バイト

看護師

月2回からOK看護師夜勤バイト

投稿日:

月2回~看護師夜勤バイト

月2回~といった少ない回数で夜勤バイトをしたい、という看護師さん向けに、看護師夜勤バイト求人を多く取り扱っている転職エージェント、派遣会社についてご紹介します。

月1回、月2回といった少ない勤務回数でも、しっかり収入が得られるのが夜勤バイト・夜勤専従といった働き方です。

高額な給与となると夜勤1回で3万円~4万円を得ることができますね。

子供が寝ている間に働きたい、子育ての時間やプライベートを優先しながら扶養内で働きたい、といった場合にも夜勤バイトはピッタリの働き方となるママさんナースも多いと思います。

月2回からOK看護師夜勤バイトを探すには、どういったエージェントや派遣会社を利用すると良いでしょうか。

看護師夜勤バイト求人に強いエージェント、派遣会社

月2回からOK、看護師夜勤バイト求人を探す場合、できるかぎり多くの求人情報が得られるエージェントや派遣会社の利用がおすすめです。

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

看護師さんのアルバイト求人も多くの情報を持つのが、メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】です。

転職、アルバイト、派遣、単発バイトとすべての働き方に対応しているのが強みの看護師転職エージェントです。

人気の看護師バイト、イベントナース、ツアーナースの求人も多く取り扱っていることもメディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】の特徴です。

実際に夜勤バイトの求人を調べてみましたが、今の状況下で「電話相談業務」のお仕事などが多い状況です。

他の職場の夜勤バイト求人もありますので、希望の仕事内容、職場でコンサルタントに探してもらうことができます。

札幌から福岡まで支社があります。
全国対応の転職エージェント、派遣会社として地方の看護師求人探しにもおすすめです。

⇒ メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

看護のお仕事 派遣

看護のお仕事派遣

高時給の求人案件(非公開求人を含む)が多い看護のお仕事 派遣です。

派遣の仕事探しだけではなく、就業後のサポートが手厚いことも特徴です。

夜勤の求人案件も多く扱っています。

転職支援を行っている「看護のお仕事」と同様に、現場の情報を収集することに力を入れています。

そのため、事前に病院や介護施設の夜勤に関する情報、職場の詳しい情報を得てから応募を判断することができます。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の看護求人に特化していますので、該当エリアでお仕事探しをされている看護師さんにおすすめです。

⇒ 看護のお仕事 派遣

看護師夜勤バイト探しにおすすめ求人サイト

看護師夜勤バイトの求人探しには、派遣会社を利用するといった方法以外にも看護師求人サイトを利用する方法もおすすめです。

求人サイトを利用するメリットは、自分の好きなタイミングでアルバイト探しができること。

コンサルタントとのやり取りが面倒、苦手といった看護師さんはこちらでご紹介するような求人サイトの利用がおすすめです。

ジョブメドレー看護師

ジョブメドレー看護師

求人数が豊富な求人サイト、ジョブメドレー看護師です。

株式会社メドレーが運営する最大規模の求人数を保有する医療介護求人サイトです。

月2回~看護師夜勤バイトといった条件で探す場合、求人数の多さが重要です。

一般的な夜勤回数よりも少ない日数ですから、母数が多い求人サイトなどを利用して探すことがポイントとなります。

検索条件も設定しやすいので、情報収集に便利です。

ジョブメドレー看護師だけを利用しても良いですし、先にご紹介したメディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】や看護のお仕事派遣と併用しての情報収集にもおすすめです。

⇒ ジョブメドレー 看護師

看護師夜勤バイトのメリット

看護師の夜勤バイトで働くメリットについてみていきましょう。

夜勤は給料が高い

夜勤は給与が高いです。

職場や仕事内容によりますが、1回の夜勤で日給2万5千円~3万円が相場といって良いでしょう。

さらに高額になれば1夜勤4万円といった給与での募集もあります。

少ない回数でもしっかり稼ぐことができる、という点ではダブルワークにも向いているのが看護師夜勤バイトといえます。

子育ての時間、プライベートの時間を取りやすい

夜勤明けこそ体力的にキツイですが、夜勤回数も2回~と少なく抑えているため、子育ての時間やプライベートの時間をしっかり取ることができます。

扶養内で働くこともできます。

子供が小さいから育児を中心にしたいけれど、家計のために少しはアルバイト収入が欲しい、といった看護師さんにはメリットのある働き方ではと思います。

子供が寝ている間に働くことができますし、夜間対応の院内託児所がある病院も多く条件に合った夜勤バイト先を探すことも可能です。

看護師ダブルワークに働きやすい

ダブルワークを希望する看護師さんとって、夜勤バイトは需要が高い働き方です。

月2回~と少ない回数での夜勤バイトであれば、体力的にも楽となります。

希少な夜勤バイトとなりますが、体力的に楽な寝当直の夜勤バイトも求人が見つかることもあります。

看護師夜勤バイトのデメリット

看護師夜勤バイトのデメリットについて、簡単にみていきましょう。

昼夜逆転で生活リズムが乱れる

月2回と少ない夜勤バイトであっても、やはり昼夜逆転の働き方になる日がある、ということで生活リズムが短期間は乱れる可能性があります。

生活リズムを調整することが必要になります。

夜勤明けの日はしっかり仮眠をとる、無理をしない、といったことで体調を整えることも大切ですね。

夜勤帯の看護師の人数が少ない

夜勤帯の看護師が少なく、一人あたりの業務量が多くなりがち・・・という病棟や介護施設もあります。

特に有料老人ホームなどは看護師の人数が1名~2名、といったところも多く、夜勤帯の看護師の業務負担が大きいケースもあります。

給与の高さに業務が見合っているかどうか、事前に検討することは必要かもしれません。

夜間の緊急時の対応、連絡先についても体制が取れている夜勤バイト先を選ぶなども夜勤回数が少ない場合には大切でしょう。

看護師ダブルワークに夜勤バイトはおすすめ

本業にプラスしてもう少し、お給料を稼ぎたい・・・といった場合、ダブルワークに看護師夜勤バイトを選ぶ看護師さんは多いです。

シフトを調整したり、休日の前に夜勤バイトを入れることでダブルワーク、という看護師さんは多いのではないでしょうか。

夜勤バイトを選ぶ理由として、やはり給与の高さが大きいです。

ダブルワークこそ、少ない勤務回数でしっかり高給与を稼ぎたいですよね。

日勤の看護師バイトよりも仕事が決まりやすい、ということもあるかもしれません。

夜勤ができる看護師の需要はとても高い状況です。

慢性期や療養、回復期リハビリテーション病棟など、比較的、落ち着いて夜勤業務ができる職場を選ぶことができれば、体力的に楽な夜勤バイトをすることができます。

知識や経験を積みたい領域で夜勤バイト先を選ぶ看護師さんも多いですね。

子育てと両立しながら、看護師夜勤バイトで働く

子育てをしながら夜勤バイト、というママさんナースも多いかもしれません。

子供が成長するに伴って、家計の出費も増えて大変・・・

というご家庭も多いでしょう。

教育費、通信教育や塾の月謝、習い事の費用などもそうですが、食費や服飾費などもトータルするとかなりの出費になります。

これから受験、私立の学校に入学することなどを考えたら、今から貯蓄に回したい!と思うもの。

そういった場合に、日給が高い夜勤バイトという選択肢もありです。

ママ看護師の働き方として、子供が寝ている間に働くという方法もあります。

看護師夜勤バイト、まとめ

月2回といった少ない回数で働くことができる看護師夜勤バイトの探し方、おすすめ看護師派遣会社などについてご紹介しました。

ダブルワークにもおすすめの看護師夜勤バイト。

今需要が高いお仕事を選ぶ方法もありますし、体力的に楽な夜勤バイトを中心に探すことも可能です。

夜勤ができる看護師への需要は高い状況です。

様々な看護師夜勤バイト求人が見つかりますので、ぜひお探しになってみてください。

看護師夜勤バイト探しにおすすめ

看護師夜勤バイトの求人、情報収集におすすめは以下となります。

関連記事

子供が幼稚園、ママ看護師の働き方おすすめ職場

子供が幼稚園に通っている間に働きたい。ママ看護師の働き方、おすすめ職場をご紹介します。

ママ看護師 仕事辞めたい!子育てと両立の限界

仕事を辞めたいママ看護師!どうしたらいい?「育児と看護師の仕事の両立がこんなに大変だとは・・・もう無理、限界かもしれない」という方へ。

-看護師
-

Copyright© 子供の勉強、家計、ママの仕事の情報サイト【マネシゴ】 , 2021 All Rights Reserved.