子育てと両立しやすい病院

看護師 転職

看護師パート 9時~15時で働ける求人

投稿日:2021年3月29日 更新日:

看護師パート 9時~15時で働きたい

子育てと両立して看護師として働くとき、9時~15時といった短時間でのパート勤務を希望する方も多いでしょう。

ママ看護師の働き方として、9時~15時は家庭や子供の時間も確保しやすく、両立して働きやすさがあります。

幼稚園の延長保育を利用するにしても、そこまで長時間ではありませんし保育園のお迎えにも遅れることもほとんど無いでしょう。

家に帰ってから子供との時間をしっかり持つことができるメリットは大きいといえます。

また子供の体調が悪くても、小児科などへも診察に連れていきやすい時間帯です。

看護師パート、9時~15時で働ける求人を探すために、情報収集におすすめの看護師求人サイト、看護師紹介会社をご紹介します。

小さな子供がいる看護師の働き方、短時間パートがおすすめ

小さな子供がいるママ看護師の働き方として、短時間のパート勤務はおすすめです。

無理なく看護師の仕事と子育て・家庭と両立しやすい働き方をお考えであれば、パートでの働き方にいきつく看護師さんは多いでしょう。

特に帰宅時間の早い幼稚園や小学校低学年のお子さんがいる場合には、フルタイムの常勤看護師として働くのは難しい・・・という方も多いのではないでしょうか。

パートであれば、委員会などもありませんし定時になれば帰宅しやすい職場も多いですよね。

事前に幼稚園や小学校の行事が分かっていれば休みの調整もしやすい、といったメリットも大きいです。

仕事が忙しくてストレスが溜まるのが心配、フルタイムで働くのは不安だし自信が無い・・・といった場合にはパートで様子をみながら働くことをおすすめします。

朝9時~遅め出勤可の看護師求人

パート看護師の求人なら、9時~出勤可の病院やクリニック、介護施設を探しやすいのもメリットだと思います。

例えば実際に看護師求人を、

⇒ メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

で探してみました。

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】は看護師求人を常勤、非常勤・パート、派遣、単発バイトとすべての働き方で探すことができます。

15時前後の仕事終わり、ということであれば9時~14時半までといったクリニックの求人募集などもあります。

訪問看護ステーションのお仕事で最短4時間~都合の良い時間帯の勤務相談可、といった求人も探すことができます。

求人を調べるタイミング、地域によって見つかる看護師求人は異なりますし、コンサルタントに交渉してもらうことでパート勤務の場合には多少の出勤時間の前後が可能となるケースもあるようです。

そうした勤務時間の交渉などは自分では難しいと思いますので、こうした看護師紹介会社に相談する方法が便利です。

クリニックの中には診療開始時間を9時、10時と遅くして、夕方、夜間の診療まで対応しているところもあります。

また訪問看護ステーションもママ看護師が勤務時間について、柔軟に働けるようになっているところもあります。

朝遅め出勤可能なパート看護師の求人をお探しになる場合、まずは職場を限定せずに情報収集されることをおすすめします。

看護師パート9時~15時は人気の時間帯

外来でパート看護師として働く

看護師のパート勤務時間として、9時~15時といった時間帯は人気の高い時間帯です。

子供が幼稚園、小学校に通っている場合、子供たちを送り出してから出勤することができますし、そこまで帰宅も遅くなりません。

幼稚園なら延長保育を利用したり、小学校でも児童館などを利用してもそこまで長く待たせることもないでしょう。

9時~14時で仕事を見つけることができれば、子供たちの帰宅を家で待つこともできそうです。

帰宅してから子供たちとの時間を持てるのは、短時間パート勤務のメリットです。

子供たちの幼稚園や小学校の話を聞きながら明日の準備を手伝ったり、宿題のサポートや通信教育を見てあげたり、夕飯の準備をすることもできます。

ママ看護師の働き方として、気持ち的にも楽な働き方となると思います。

実際、午前中のみパート看護師求人、9時~14時、15時といった時間帯のパート看護師求人は人気が高いということです。

人手不足の看護師は短時間パートの求人も多いです

看護師不足の医療機関、施設、クリニックは多く(この状況下でも看護師の有効求人倍率は1.6倍、1.7倍。地域によっては3倍を超えています)、パートであっても看護師を確保したいという状況です。

需要は高いため、仕事探しを始めてすぐに良い条件でパート先が見つからなかったとしても、諦めずに探すことできっとご家庭の状況、お子さんの状況にあった働きやすい職場が見つかるはずです。

パート看護師として働くメリット

小さな子供がいるママ看護師の働き方として、パートを選択される方も多いです。

常勤からパートに切り替える方もいます。

出産を機に退職してからブランク期間があっても復職しやすい、といったメリットなどもあります。

パート看護師として働くメリットには、次のようなものがあります。

残業がほぼ無い

一般的には、パートには残業はほぼありません。

ただし、職場によってはパートも残業が多い可能性もあります。
残業の状況に関してこの後にご紹介するような看護師紹介会社を利用して、詳しいことを確認されるのが良いでしょう。

病院で働く場合、外来を担当することも多いです。
また病棟に勤務する場合でも、フリーのポジションで働くことが多いため、残業が必要になるほど仕事を抱えることもないはずです。

パートでお子さんがいる看護師に対して理解のある職場を見つけることができれば、仕事があったとしても引き継いで帰宅させてくれたりもします。

自分の時間、家族の時間を持ちやすい

パートの働き方は、出勤日数を週に3日、4日などに調整しやすいです。
また、勤務時間も午後2時、午後3時などにして帰宅できれば、家族や自分の時間も取りやすいでしょう。

子供たちの習い事にも連れていきやすいですね。

また体調が悪くなった場合でも、小児科など連れていくことも可能です。

急に体調が悪くなることもまだまだ多い子供たちがいるママとして、そうした対応がしやすい働き方は大きなメリットといって良いでしょう。

人間関係が楽

常勤で働く場合には、人間関係が気になることもあると思います。

しかし、パートならどこにも属さずに気楽に働ける、という方も多いでしょう。

パートだからこそ、多くの職員と気楽にコミュニケーションが取れる、といったこともあるかもしれません。

パートという働き方なら、職場を変えることも常勤看護師と比べてしやすいです。

どうしても合わない職場であれば、前述しましたが人手不足の医療機関、介護施設なども多いためパート先を変えるという選択肢もあります。

ブランクあけでも復職しやすい

ブランク期間が長い場合、常勤での復職に不安がある方も多いかもしれません。

パートなら担当する業務も限られてきますし、フリーのポジションで働くことも多いです。

他の看護師の補助に回りながら、業務を覚えていくこともしやすいです。

ブランクあけママ看護師を歓迎する職場もありますので、そうした面からパート先を探してみてもいいかもしれません。

非常勤・パート看護師求人も探せる転職エージェントの活用もおすすめ

パートとして子育てと両立して働きやすい職場を探したい場合には、

⇒ ナースではたらこ

⇒ メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

といった非常勤・パート看護師求人の情報も多く持つ看護師紹介会社の利用がおすすめです。

どちらも全国対応です。

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】は単発バイトにも対応しています。

都合の良い日があった場合、パート先が見つかるまでは単発バイトで稼ぎつつ、といった看護師さんもいらっしゃいます。

看護師パート9時~15時で働くための求人探しに便利、看護師求人サイト

看護師求人サイトを利用した場合には、

⇒ ジョブメドレー 看護師

が情報収集に便利でしょう。

看護師紹介会社と併用する方法がおすすめです。

ママ看護師の働き方 関連記事

子育と両立して働くための関連記事を掲載しています。

お子さんが幼稚園、時間を有効活用して働きたい。
でもお迎え、帰宅が早い幼稚園の子供がいたら看護師の仕事は難しいのでは?というママさんナース向けの記事です。

こちらも合わせてご覧になってください。

-看護師 転職
-, ,

Copyright© 子供の勉強、家計、ママの仕事の情報サイト【マネシゴ】 , 2021 All Rights Reserved.