悩む介護職
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

介護職 転職

介護のシフトの悩みを解決する方法とは?現場で働く介護士が知っておきたいコツ

投稿日:

介護のシフトの悩み

介護業界で働く人
mane

シフトがキツイ、辛い…と悩む介護職の方も多いと思います。シフト作成者も大変なのですが、相談してみて改善されない場合には職場を変えるのも選択肢です。より働きやすい介護施設を探す方法もご紹介しています。

介護職シフトの悩みを解決するには

介護士として働く人にとって、シフトは大きな悩みの一つです。
シフトが不規則だったり、希望通りに組まれなかったり、人手不足で残業が多かったりすることがあります。

これらのシフトの悩みは、仕事やプライベートに影響を与えるだけでなく、ストレスや疲労、体調不良などの健康問題にもつながることがあります。

そこでこの記事では、介護のシフトの悩みを解決する方法について紹介します。

現場で働く介護士が知っておきたいコツをお伝えします。

今の介護施設のシフトがキツイ、辛い、働きにくい…と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

実はシフトも介護スタッフが働きやすいように考慮してくれる施設は今、増えています。

そうした働きやすい介護施設を探すのも一つの方法です。

介護シフトの悩みとは

介護職の悩み

まず、介護のシフトの悩みの原因を考えてみましょう。一般的に、以下のような要因が挙げられます。

・介護現場は24時間365日対応が必要なため、シフトが不規則になりやすい

・介護現場は人手不足や離職率が高いため、シフトが組みづらくなりやすい

・介護現場は利用者や家族、同僚や上司とのコミュニケーションが多いため、シフトに関する要望や意見が多くなりやすい

・介護現場は状況やニーズに応じて柔軟に対応する必要があるため、シフトが変更されやすい

さらに、介護職のシフトに関する悩みは多岐にわたります。

その中でも特に多いのは、以下のような問題です。

過重労働

介護業界では人手不足が常に問題となっており、その結果、介護職員一人あたりの負担が増大しています。

長時間労働や休日出勤が常態化し、過重労働が続くと、身体的・精神的な健康を害する可能性があります。

シフトの不規則さ

介護は24時間365日必要とされるサービスです。

そのため、夜勤や早朝勤務、休日勤務など、シフトは非常に不規則になりがちです。

これにより、生活リズムが乱れ、健康やプライベートに影響を及ぼすことがあります。

休みの取りづらさ

介護職では、急な利用者の体調変化や人手不足などにより、予定していた休日が取れないことがあります。

また、シフトによっては連休が取りづらい場合もあります。

シフト調整の難しさ

介護職員の中には、子育てや介護など、仕事以外にも負担がある人も多くいます。

しかし、シフトの調整が難しく、仕事とプライベートの両立が困難な状況があります。

これらの問題は、介護職員のストレスや離職率の上昇につながり、結果的にはサービスの質にも影響を及ぼします。

これらの問題を解決するためには、介護施設はもとより業界全体での取り組みが求められるところです。

介護職員がシフトの不満を持ちやすい理由

シフトに悩がある

介護職員は、高齢者や障害者などの生活支援や看護などを行う仕事です。

介護職員は、社会的にも重要な役割を担っていますが、同時に多くのストレスや負担も抱えています。

その中でもシフトに関する不満は、介護職員の悩みの一つです。

なぜ介護職員はシフトに不満を持ちやすいのでしょうか?

ここでは、介護職員がシフトに不満を持ちやすい理由明らかにしてみます。

介護職員がシフトに不満を持つ主な原因

介護職員がシフトに不満を持つ主な原因として、以下のようなことが挙げられます。

  • シフトが不規則で生活リズムが乱れる
  • シフトが希望通りに組まれない
  • 遅番、早番など、キツイシフトになってしまっている
  • シフトが人手不足や急な変更で変わる
  • シフトが残業や休日出勤で長くなる

これらの原因は、介護現場の特徴や環境によるものです。

介護現場は24時間365日対応が必要なため、シフトは【早日遅夜明休】と基本的には正循環で組まれることが多いでしょう

しかし、シフト制で働くため、昼夜逆転したり、平日休みや土日出勤になったりします。

また、介護現場は人手不足や離職率が高いため、シフトは組みづらく変更されやすくなります。

これらの原因により、介護職員はシフトに不満を持ちやすくなります。

シフトに不満を持つと、仕事やプライベートに影響を与えるだけでなく、ストレスや疲労、体調不良などの健康問題にもつながることがあります。

介護職のシフト作成における問題点

介護職は、その性質上、24時間体制での対応が求められます。そのため、シフト作成は非常に重要な業務の一つであり、その問題点を理解することは、より良い職場環境を作り出すために必要不可欠です。

介護職のシフト作成は、多くの施設で管理者や介護リーダーなどが手作業で作っていると思います。

以下に介護職のシフト作成における問題点をまとめてみましょう。

シフト作成に時間がかかる、大変である

介護職のシフト作成は、利用者のニーズやスタッフの希望、資格や経験などを考慮しながら、適切な人員配置を決める必要があります。

これは非常に複雑で煩雑な作業であり、シフト作成者は多くの時間と労力を費やすことになります。

また、シフト作成後も、急な欠勤や変更の対応などで頻繁に修正する必要があります。

そもそもシフトを組むための人手不足

介護職は高齢化社会において重要な役割を担っていますが、その一方で、離職率が高く、人手不足が深刻な問題となっています。

人手不足はシフト作成にも影響を与えます。

シフトを組むためには、最低限必要な人数が確保されていることが前提ですが、現実にはそうではありません。

人手不足により、シフト作成者は常に人員不足を補うための苦労を強いられます。

公平なシフトが作成できない

シフト作成者は、スタッフ全員に公平なシフトを提供することが求められます。

しかし、それは容易なことではありません。

スタッフの中には、勤務時間や休日の希望が強い人や、特定の利用者や同僚と一緒に働きたい人など、さまざまな要望を持つ人がいます。

これらの要望をすべて受け入れることは不可能ですし、受け入れると他のスタッフに不公平感や不満が生じる可能性があります。

シフト作成者は、スタッフの要望と公平性とのバランスを取ることに悩むことになります。

シフト作成者が現場に寄り添えない

シフト作成者は、現場の状況やスタッフの状態を把握することが重要です。

しかし、シフト作成者は自分自身も介護職として働いている場合が多く、現場から離れてシフト作成に専念することができません。

また、シフト作成者は自分自身もシフトの一員であり、自分の都合や立場を考えずに客観的に判断することが難しい場合もあります。

これらのことから、シフト作成者は現場に寄り添うことができず、現場からの信頼や協力を得ることができないことがあります。

介護職のシフトがキツい・不平等な職場は注意!

介護職として就職、または転職して働き始め…このところキツいシフトが続ている。

不平等なシフトに感じることが多い。

特定の介護職員が優遇されているように感じてならない…
など、シフトに悩みであったり、不満を強く感じている時期が続くようであれば何らかの対応をすることが必要かもしれません。

声を上げなければ、都合の良いようにシフトを作り続けられる可能性があります。

もしくはシフト作成者が、あなたがシフトをキツイを感じていると気づいていない可能性も高いです。

シフトがキツイ、辛い、といったことであれば、シフトが作成者に相談してみることが必要です。

そこでシフトの辛さが改善されれば良いですが、それでも改善されない場合。

そもそも、人手不足でシフト調整がもう限界にきている。
あなたよりも、シフトを優先したいスタッフがいる。

など、原因が考えられます。

働く介護職員にとって、シフトは生活にも関わる重要なもの。

希望休などもちゃんと希望通り取れないと、家族との予定やイベントなども参加が難しくなってしまいますよね…

シフトがキツい、なかなか改善されない、といった場合には、要注意な職場だと考えて良いのではないでしょうか。

今は介護職員の働きやすさ、やりがいも重視してシフト作成の他、環境整備に力を入れている介護施設も増えてきています。

選択肢として、そうしたより働きやすい介護施設への転職も視野にいれると良いでしょう。

介護職員に公平なシフト作成をするコツ

介護職員のシフト作成は、公平性を保つことが重要です。

以下に、公平なシフト作成を実現するための具体的なコツをご紹介します。

シフト作成に必要な人員構成を把握する

シフト作成の前に、介護施設の人員構成を把握することが重要です。

各部署や職種の人数や資格、経験年数などを確認しましょう。

スタッフのスキルレベル、専門知識、経験などを考慮に入れる必要があります

また、介護サービスの種類や利用者数、利用者の状態やニーズに応じて、必要な人員数やスキルを見積もります。

これにより、適切な人材を配置することができます。

希望休からシフトを作る

介護職員に公平なシフト作成をするためには、希望休からシフトを作ることがおすすめです。

希望休は、介護職員のプライベートや家庭の事情を考慮したものです。

希望休からシフトを作ることで、介護職員のモチベーションや満足度を高めることができます。

また、希望休は事前に申請してもらうことで、シフト作成の計画性も向上します。

タッフが自分のライフスタイルに合わせて働ける環境を提供することで、職場の満足度とモチベーションを高めることができます。

夜勤を優先してシフトを組む

夜勤は、介護職員にとって負担が大きい勤務形態です。

夜勤は体調や生活リズムに影響するだけでなく、夜間の緊急対応や安全管理などの責任も重くなります。

そのため、夜勤を優先してシフトを組むことが必要です。

夜勤は、希望者や経験者、資格者などを優先的に配置しましょう。

また、夜勤の回数や間隔にも注意しましょう。

夜勤の回数は月に4回以下、間隔は2日以上あけるなどの基準を設けると良いでしょう。

夜勤は体力的、精神的に負担が大きいため、公平に分散させることが重要です。

夜勤のローテーションを公平に行うことで、スタッフ間の不満を防ぎ、全員が等しく負担を分担する環境を作り出すことも大切になります。

配置基準を守る

配置基準とは、介護施設が定めた人員配置の基準です。

配置基準は、介護サービスの質や安全性を保つために必要なものです。

配置基準は、法律や条例などに基づいて設定されますが、それだけでは不十分な場合もあります。

そのため、介護施設は自主的に配置基準を策定することが望ましいです。

配置基準は、部署ごとや時間帯ごとに異なる場合もありますが、それらを守ることで、介護職員に公平なシフト作成をすることができます。

日頃から介護職員とコミュニケーションを取っておく

介護職員とコミュニケーションを取ることは、シフト作成においても重要なことです。

日頃から介護職員とコミュニケーションを取ることで、介護職員の希望や不満、悩みなどを把握することができます。

また、介護職員の能力や特性、得意分野なども知ることができます。

これにより、介護職員のニーズに応えることができるだけでなく、介護職員の強みを活かすことができます。

また、スタッフが自分の意見や希望を伝えやすい環境を作ることで、職場の満足度を高め、離職率を低く保つことができます。

シフト作成に関するルールを設定する

シフト作成に関するルールとは、シフト作成の方法や基準、期限などを明確にしたものです。

シフト作成に関するルールを設定することで、シフト作成の透明性や公平性を高めることができます。

シフト作成に関するルールは、介護施設の方針や目標に沿って策定しましょう。

また、シフト作成に関するルールは、介護職員に周知し、理解や同意を得ることが必要です。

完璧なシフトを目指さない

完璧なシフトとは、介護施設や介護職員のすべての要望や条件に合致したシフトのことです。

しかし、完璧なシフトは存在しません。

完璧なシフトを目指すことは、時間や労力の無駄になるだけでなく、ストレスや不満の原因にもなります。

そのため、完璧なシフトを目指さないことが大切です。

完璧なシフトを目指さないことは、妥協や諦めではありません。

むしろ、現実的かつ柔軟な姿勢でシフト作成に臨むことです。

シフト作成においては、公平性と柔軟性を重視することが重要です。

シフトは変化することも多く(シフト作成後も含めて)、それに対応するための柔軟性が必要です。

シフト作成ソフトを利用する

シフト作成ソフトとは、コンピューター上でシフト作成を行うためのソフトウェアのことです。
色々な種類のソフト、アプリが開発されてきています。

シフト作成ソフトを利用することで、シフト作成の効率や精度を向上させることができます。

シフト作成ソフトは、人員構成や配置基準、希望休などの情報を入力するだけで、最適なシフト案を自動的に生成してくれます。

また、シフト作成ソフトは、シフト変更や確認なども簡単に行えます。

ソフトによって付随するサービスも異なりますので、自社に合わせたものを選ぶことが必要になります。

介護職が働きやすいシフト作成を実践している職場

離職率の低い職場で働く介護職

人手不足が続く介護業界では、働く介護職員が離職せず、長く働いてくれることに注力している施設も増えてきました。

今の職場のシフトがキツイ、働きにくい、実はパワハラが酷くて限界…

など、辞めたい理由があるのであれば、転職を考えてみるのも方法です。

介護業界は人手不足ゆえに、転職しやすい状況が続いています。

もちろん現在の年齢や経験によっては書類選考で落ちることも多いのですが、それでもまずは行動してみることが大切です。

介護職員が働きやすいようにシフト作成を考慮していたり、労働環境をより良いものにしようと努力している介護施設、法人、福祉法人なども多いです。

そうした転職先を探すこともおすすめしたいと思います。

今よりも働きやすい介護施設へ転職する方法

もし、今の職場よりも働きやすい介護施設への転職を希望されているのであれば、次のような介護業界に特化した転職エージェントや転職サイトの利用をおすすめします。

介護業界に特化している方が、より詳しい情報を得やすいので、ぜひ活用してみてください。

転職エージェントとしては、

などが求人数も多く、おすすめです。
サポートも手厚いため、迷わず転職先を探すことができるでしょう。

より多くの求人を自分のペースで探してみたい、といった場合には、

などの活用がおすすめです。

介護のシフトの悩みを解決してイキイキと働く

介護職として働き続ける場合、シフトはとても重要です。

独身であってもプライベートを充実させるには、休みが希望通り取れることは重要でしょう。

また疲労を蓄積しないためには、できる限り、正循環で働きたいところですし、休みも偏りなく取りたいところでしょう。

ご家族がいればなおさら、シフトは重要です。

希望休はしっかり通って欲しいですよね。
夜勤なども負担が無いように、キツイシフトは避けたいです。

時と場合によっては職場を変える、という方法が最善になることも多いです。

その際には、上記でご紹介したような介護業界に特化した転職エージェントを活用されて、情報収集をしてみてください。

介護のシフトの悩みを解決する方法 まとめ

介護職のシフトの悩み、ということで問題点や解決方法、より働きやすい介護施設を探す、といった方法をご紹介させていただきました。

介護職はやりがいもあり、また少しずつ待遇改善も行われている、将来性のある業界です。

介護業界は市場はまだまだ大きくなります。

ぜひ、働きやすい職場で生き生きとお仕事をしていただきたいと思います。

-介護職 転職
-,

Copyright© 女性の仕事、転職 情報サイト【マネシゴ】 , 2024 All Rights Reserved.