Webライターとしてのスキルを身に付けるには
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

介護職 転職

勤務間インターバル制度、介護業界で取り入れるメリットとは

投稿日:

勤務間インターバル制度と介護業界

介護業界で働く人
mane

介護業界でも働き方改革に取り組む企業、福祉法人は増えています。その中で、勤務間インターバル制度を取り入れるところも増えつつあり、特に夜勤の働き方に影響があるケースが多くなっています。勤務間インターバル制度と介護業界について解説しています。

介護夜勤に影響が大きい?勤務間インターバル制度

多くの介護施設では介護職として働く場合、夜勤は必須と言えると思います。

サ高住、有料老人ホーム、グループホーム、ショートステイなど夜勤が前提で働く介護職は多いでしょう。

人手不足の施設も多いと思いますが、今までの働き方として、

夜明け・夜明け休

遅番・早番

といった結構きつい働き方になってしまっている施設も多いのではないでしょうか。

どうしても人員上、「時々」介護職にとってきついシフトになってしまう、というケースもあるとは思いますが、それでもこうした体力的にきついシフトは避けたいな…と思っている介護職は多いでしょう。

そこで勤務間インターバル制度についてまとめています。

事例を見ることができるサイトもご紹介していますので、ぜひ記本文をご覧になってみてください。

勤務間インターバルとは

「勤務間インターバル」とは、労働者の健康を保護するために、一つの勤務が終了してから次の勤務が始まるまでの休息時間を確保する制度のことを指します。

この制度は、労働者が十分な休息を取ることで、疲労の蓄積を防ぎ、労働能力を維持することを目的としています。

勤務間インターバルは11時間空けることを推奨

では、具体的に何時間のインターバルを設けるべきなのでしょうか。

これには明確な答えはありませんが、一般的には、連続した勤務の間に最低11時間の休息時間を設けることが推奨されています。

これは、人間の生理的なリズムに基づいており、十分な休息時間を確保することで、次の勤務に向けて身体と心をリフレッシュすることができます。

とはいえ11時間の勤務間インターバルは難しい…

しかし、実際の業務では、業種や業務内容、シフトの組み方などにより、必ずしも11時間のインターバルを設けることが難しい場合もあります。

そのような場合でも、労働者の健康を最優先に考え、可能な限り長い休息時間を確保するように努めることが重要です。

また、勤務間インターバルの設定にあたっては、労働者の生活リズムや家庭環境、通勤時間なども考慮に入れることが求められます。

労働者一人ひとりのライフスタイルに合わせた柔軟な勤務スケジュールの設定が、健康的な労働環境の実現につながります。

勤務間インターバル制度の概要とメリット

「勤務間インターバル制度」は、介護業界においても重要な役割を果たします。

介護業界は、24時間365日のサービス提供が求められるため、労働者の健康を保護し、生活と睡眠時間を確保するために、勤務終了から次の勤務開始までに一定の休息時間(インターバル時間)を設ける制度の導入が必要です。

具体的なメリットとしては、まず最も重要なのが労働者の健康維持・向上です。

介護業界では、特に夜勤における長時間労働が問題となっています。十分な休息時間を確保することで、労働者の疲労が蓄積されるのを防ぎ、労働能力を維持することができます。

次に、人材の確保・定着についてです。

介護業界は人手不足が常に問題となっています。

良好な労働環境を提供することで、新たな人材を引き寄せ、既存の人材を定着させることが可能になります。

最後に、生産性向上についてです。

疲労が蓄積されると、介護の質が低下する可能性があります。

十分な休息を取ることで、労働者のパフォーマンスを高め、結果的にサービスの品質を向上させることができます。

以上のように、勤務間インターバル制度は、介護業界において、労働者の健康と働きやすさを保つだけでなく、サービスの品質向上にも寄与する重要な制度です。

介護業界における「勤務間インターバル制度」の導入事例

介護業界における「勤務間インターバル制度」の導入事例を紹介します。

介護業界は、24時間365日のサービス提供が求められるため、労働者の健康を保護し、生活と睡眠時間を確保するために、勤務終了から次の勤務開始までに一定の休息時間(インターバル時間)を設ける制度の導入が必要です。

例えば、介護業界で42名の従業員を抱える企業では、労働者の身体的・精神的負担を軽減し、サービス品質と顧客満足度を向上させるために、勤務間インターバルを強制的に導入しました。

具体的には、一つの勤務が終了してから次の勤務が始まるまでの時間を最低11時間確保するようにしました。

これにより、労働者の疲労が蓄積されるのを防ぎ、労働能力を維持することができました。

また、この制度の導入により、労働者の満足度が上がり、離職率が低下しました。

これは、労働者が十分な休息を取ることができ、働きやすい環境が整った結果です。

さらに、サービスの品質も向上しました。

疲労が蓄積されると、介護の質が低下する可能性があります。

しかし、十分な休息を取ることで、労働者のパフォーマンスを高め、結果的にサービスの品質を向上させることができました。

以上のように、勤務間インターバル制度の導入は、介護業界において、労働者の健康と働きやすさを保つだけでなく、サービスの品質向上にも寄与します。

参考:勤務間インターバル制度 導入事例

勤務間インターバル制度 導入事例を見ることができるURLをご紹介します。

働き方・休み方改善ポータルサイト

取組・参考事例 | 働き方・休み方改善ポータルサイト

厚生労働省のポータルサイトでは、様々な業界での勤務間インターバル制度の導入事例が紹介されています。

フリーワードで「社会福祉法人」などで調べると事例が出てきますので、探しやすいです。

介護業界における「勤務間インターバル制度」の導入全体像とポイント

介護業界における「勤務間インターバル制度」の導入全体像とポイントについて説明します。

まず、全体像としては、制度の導入は労働者の健康保護とサービス品質向上のための重要な一環です。

介護業界は24時間365日のサービス提供が求められるため、労働者の健康を保護し、生活と睡眠時間を確保するために、勤務終了から次の勤務開始までに一定の休息時間(インターバル時間)を設ける制度の導入が必要です。

導入のポイントとしては、以下の3つが挙げられます。

労働時間の管理

介護業界では、特に夜勤における長時間労働が問題となっています。

労働時間を適切に管理し、一定の休息時間を確保することが重要です。

柔軟なシフト作成

介護業界は人手不足が常に問題となっています。

労働者のライフスタイルや家庭環境を考慮に入れた柔軟なシフト作成が求められます。

労働者の意識改革

勤務間インターバル制度の導入だけでなく、労働者自身が自分の健康を大切にし、休息時間を確保する意識を持つことが重要です。

以上のように、勤務間インターバル制度の導入は、介護業界において、労働者の健康と働きやすさを保つだけでなく、サービスの品質向上にも寄与します。

介護業界における「勤務間インターバル制度」の導入に当たっての支援策

介護業界における「勤務間インターバル制度」の導入に当たっての支援策についてまとめます。

介護業界は、24時間365日のサービス提供が求められるため、労働者の健康を保護し、生活と睡眠時間を確保するために、勤務終了から次の勤務開始までに一定の休息時間(インターバル時間)を設ける制度の導入が必要です。

しかし、その導入には一定のコストがかかります。

そこで、政府や地方自治体からの補助金制度を活用することが考えられます。

例えば、厚生労働省では、働き方改革関連の補助金を提供しています。

これには、勤務間インターバル制度の導入に伴うコストを補助するものも含まれています。

また、地方自治体でも、地域によっては働き方改革に関連する補助金を提供しているところがあります。

詳細はお住いの自治体で調べてみてください。

これらの補助金を活用することで、制度導入の負担を軽減することが可能です。

まとめ

介護業界における「勤務間インターバル制度」について解説を掲載してきました。

最後にまとめてみましょう。

まず、「勤務間インターバル制度」は、労働者の健康を保護し、生活と睡眠時間を確保するために、勤務終了から次の勤務開始までに一定の休息時間(インターバル時間)を設ける制度のことを指します。

介護業界は24時間365日のサービス提供が求められるため、この制度の導入は非常に重要です。

この制度の導入により、労働者の健康維持・向上、人材の確保・定着、サービスの品質向上などのメリットがあります。

特に、介護業界では人手不足が問題となっており、良好な労働環境を提供することで、新たな人材を引き寄せ、既存の人材を定着させることが可能になります。

また、制度の導入にあたっては、労働時間の管理、柔軟なシフト作成、労働者の意識改革などが重要なポイントとなります。さらに、政府や地方自治体からの補助金制度や専門機関からの相談サービスなど、導入を支援するための様々な制度やサービスが用意されています。

以上のように、勤務間インターバル制度は、介護業界において、労働者の健康と働きやすさを保つだけでなく、サービスの品質向上にも寄与する重要な制度です。

その導入により、労働者の満足度向上とともに、サービスの品質向上を実現することが期待できます。

今後の人手不足を乗り切るためにも、魅力的な職場づくりが大切です。

また今の職場が働きにくい…シフトがきつい、と感じている介護職の方は、より働きやすい職場を探してみるのも方法です。

例えば、次のような介護求人に特化した転職サイトなどを利用されると、情報収集がしやすくおすすめです。

-介護職 転職
-

Copyright© 女性の仕事、転職 情報サイト【マネシゴ】 , 2024 All Rights Reserved.