年収ダウンの転職

30代 転職

30代 転職で年収ダウン 許容範囲の考え方

投稿日:

年収が下がる転職

転職で年収ダウンすることが増えるのが30代の転職です。

私も年収ダウンする転職をしたことがありますが、許容範囲をあらかじめ考えておくことがもの凄く重要です。

転職によって年収が上がるとは限りません。
中には未経験の異業種転職を目指す方もいらっしゃると思うのですが、その場合にはなおさら年収ダウンする可能性が高いですよね。

激務かつ高年収を稼いでいた方が人生を見直して、年収が下がっても良いから家族との時間が取れる働き方を希望したりといった転職のケースもあるかもしれませんね。
あえて、年収ダウンの転職をする方もいます。

逆に、年収アップを目指して転職活動をした結果、失意の年収ダウン転職になる方もいるでしょう。

いずれにしても、もし年収ダウンしたらといった許容範囲を考えておくことは30代以降の転職では重要ではと思います。

ここでは、転職で年収ダウンする場合の許容範囲の考え方についてご紹介いたします。

30代、転職で年収ダウンするなら許容範囲はどれくらい?

先ほども書いたのですが、私は年収ダウンする転職をしたことがあります。

しかも、結婚してすぐです。

今さらながら振り返ると、よくまあ転職したよね・・・と思うのですが、それも妻がまだ正社員として働いていたからこそではあります。

結果として残業ほぼ無しの職場へ転職を果たしたのですが、忙しく無い職場はやはり薄給です。

手取りで14万~15万とかだったと記憶しています。

しかしその分、時間がありますから、当時流行っていた起業セミナーなどに参加したり、WEB関連のスキルを改めて磨いたりして数年後の個人事業主としての開業へと至ることになります。

転職するにあたっては本当に悩みました。
後押ししてくれたからこそ、というのは大きいです。

そして、ここまで年収ダウンしても生活が成り立つ、という許容範囲を必死で何度も考えたものです。

30代で手取りがそんなに下がる転職も稀だと思いますが、年収が100万単位で下がる転職になるケースもあると思います。

転職における年収ダウンの許容範囲、どういった風に考えていくと良いでしょうか。

年収ダウン、許容範囲の考え方

転職で年収アップしやすいのは20代まで。
30代でも年収アップに成功する方は多いですが、それはやはり転職先の企業が欲しがるスキル、知識、実績があることが大前提です。

もしくは今の給料が低すぎるかですね。
ブラック企業にお勤めで年収が200万円台の方は、転職した方が良いと思います・・・。

年収ダウンする場合、許容範囲の考え方は人それぞれで異なるとは思いますが、結論から言って最下限はズバリ、

生活出来るだけの年収

までが許容範囲といえるでしょう。

転職は人生の転機になります。

この時点で一度、毎月の支出、一年の間にまとまってくる支払などを見直してみることをオススメいたします。

独身の方の家計支出。
実家暮らしか一人暮らしか。

ご家族がいる場合には、妻のみ、子供1人、子供2人、3人・・・と家族構成で家計の支出額も内訳も大きく変わってきますよね。

家計はいつも妻任せ、といった方は良い機会だと思いますのでぜひご夫婦で家のお金の使い方について見直されてみてはいかがでしょうか。

財布を別々に管理しているご夫婦の場合も、良い機会だと思いますよ。
相手が貯金していると思っていた・・・では、いざという時にお互い貯蓄が無くて困ってしまう事になる可能性があります。

家計支出を見直しする

例えばですが、家計の支出には次のようなものがあります。

  • 家賃(住宅ローン)
  • 車のローン
  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 食費
  • 水道光熱費
  • 教育費
  • 習い事
  • 通信費
  • 交際・レジャー費
  • 保険料
  • 日用品
  • 雑費
  • 小遣い

奨学金の返済なども加わってくる方も多いかもしれません。

私も奨学金の返済をしていましたが、長期で苦しい返済になりますよね。
自己破産とかするの、分かる気がしますよ・・・。

戸建ての場合には、固定資産税などもありますね。

一年の中で何度か来る、そうしたまとまった金額の支払いについても書き出すことが必要です。
保険の年払いの場合も注意が必要です。

持病をお持ちの場合には、医療費も見込んでおくべきでしょう。

住民税もお忘れなく。
住民税は前年の給与を元に算出されますので、この税金の支出が大きな負担になるケースは多いのです。

今現在の支出が把握できたら、次は削減できる支出を削っていきましょう。

「必要なものしか買ってないし!」

と思っても、意外と支出を削れるんですよね・・・。

缶コーヒー、お酒、お菓子、まず削れますよね。
なんとなく買っている雑誌もあるかもしれません。
食費も結構、削れます。
ついで買いとかしていませんか?
服や靴が好きな方もぜひ見直してみてください。

保険も見直すタイミングかもしれません。

携帯料金も思ったより見直せるものです。

そうしていくことで、生活に必要な収入が見えてきます。

転職活動をする前提の場合、既にその業界の求人を色々とチェックされていると思います。
そうすると、業界の平均年収などもある程度分かっているでしょう。

転職後に得られそうな年収、月収と比べて生活費はどうでしょうか?

生活に必要な収入が見えてきたら、そこに万が一のために貯蓄したい金額など加えていくことになります。

そのようにして転職しても得たい年収、月収を考えてみてください。

年収ダウンする転職となったとしても、最低限、生活に必要な収入が得られれば許容範囲、とする考え方はできると思います。

想像以上に大幅に年収ダウンする場合、どうする?

とはいえ、転職によって年収ダウンするのはやはり気持ち的には避けたいものです。
しかし場合によっては年収ダウンを受け入れる必要があるでしょう。

そしてそれがさらに想定以上に大幅に年収ダウンする場合、どうしましょう?

大幅とはいっても先ほどの生活に必要な収入を大きく下回るということではなく、年収800万などもらっている方が転職先から400万円など年収半減といった給与の提示をされた場合です。

やりたい仕事をするために未経験の異業種転職をする場合や、メーカーからベンチャーへ転職する場合などに起こりやすい状況ですね。

結局のところ、転職して得られる仕事、転職後に実現出来る生活など諸々と比較することが必要となります。

とりあえず年収が大きく下がっても生活は成り立つ。
お金の問題は無く挑戦したい、といった場合には転職した方が後悔が少ないでしょう。

そこまで大幅に年収ダウンするならどうしようかな・・・と深く悩むようでしたら、転職しない方が良い可能性が高いです。

30代になると勢いで転職するのは難しくなります。

独身の方であれば転職にあたり、自分が我慢すれば良いという考え方もありますがキャリアとしてはそう何度も転職出来るほど余裕はありません。

キャリアチェンジならなおさらでしょう。

最後の転職、といったつもりで転職活動をすることも大切といえそうです。

年収ダウンしても後悔しない転職を

転職で必ずしも年収アップするとは限らない、ということは皆さんご存じと思います。

人材紹介会社や転職サイトのCMやWEB広告などでは、年収アップの事例を目にすることは多いのですけれどね。

転職によって得られる仕事、キャリア、実現出来る生活は年収ダウンしたとしても得たいものなのかどうか。

結局はこれに尽きるのではないでしょうか。

家族がいる場合、理解を得ることが大切です

ご家族がいる場合には、転職活動をスタートする前に家族からの理解を得ることがとても大切です。

お子さんがいる場合には、教育費や習い事のお金など既に固定で支出になっているものが多いですからね。

転職する事を先に決めてしまって、いきなり、

「転職して年収ダウンするから!」

と言おうものなら、大問題になるでしょう。

場合によっては、離婚の可能性もあります。
私が逆の立場なら、そんなに大事なことを勝手に決める人はイヤですからね・・・。

ご家族(奥さん、旦那さん)を先に説得することは、転職する場合には共通して大切といえるでしょう。

転職によって年収も下がる、やり甲斐も無い、は最悪の結末

転職はお金だけの問題ではありませんよね。

転職して得られる年収だけに囚われず、将来のこと、家族の未来についても考える必要があります。

最悪なのは、昔やりたかった仕事、最後のチャンスだから・・・と勢いで転職したものの・・・実は合わない仕事だったり、一から始めるために下積み仕事が超やり甲斐が無かったりする場合です。

転職はできたものの、年収も下がる、やり甲斐も無い、もう辞めたい・・・となるのだけは避けたいものです。

それであれば、転職せずに今の仕事を続けた方が良いという話にもなります。

転職が成功するか、失敗するかは情報収集にかかってくる、といって良いでしょう。

少しでも30代の転職の選択肢を増やすために転職エージェントの活用を

30代の転職に関して、色々な考え方はあると思いますが転職エージェントの活用は重要と考えます。

担当コンサルタントの方と相性が合う、合わないもありますが、基本的には転職希望者の立場に立って交渉を進めてくれます。

出来る限り年収がキープできるように給与交渉も進めてもらえる場合が多いです。

また転職エージェントは利用したからといって、必ず紹介される求人に応募する必要はありません。

情報収集をして色々なことを検討してみた結果、転職しないという選択肢になることも考えられます。

転職先の仕事の詳細、転職後のキャリアなど求人票に掲載されている以上に詳しい情報を得られる転職エージェントを利用するからこそ、判断できることもたくさんあると言えます。

30代向けの転職エージェントとしては、

⇒ DODA

⇒ リクルートエージェント

などが求人数、実績などからオススメです。

30代の転職は色々と思う事もあると思います。

後悔しない選択肢を選べるように、じっくりと情報収集を行ってみていただきたいなと思います。

-30代 転職
-,

Copyright© 【マネシゴ】子育て世代のお金・仕事をテーマにしたブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.