30代の転職

転職

30代 未経験 異業種へ転職できる?

投稿日:

30代 異業種転職は可能

30代にして未経験から転職を目指す、異業種転職を成功させたい、という方もいらっしゃると思います。
今まで正社員経験なし30代未経験から就職を目指す方もいらっしゃるでしょう。
30代の転職もそこまで珍しいものではなくなってきていますが、思い切ってのジョブチェンジ、未経験職種への異業種転職はハードルは高いといえます。
しかし、挑戦したい。後悔したくない、といった方も多いかと思います。
または必要に迫られて30代後半で転職活動をせざるを得ない、という方もいるでしょう。30代 未経験 異業種転職
30代でも転職活動の準備をしっかりと行うことで、異業種転職することは可能です。

30代で未経験・異業種転職の仕事へ転職するには

30代で異業種転職を目指す

20代とは異なり、30代ともなると家庭があり、ご家族のある方も増えてくると思います。

転職活動に絶対、失敗できない。

少々、気持ち的に追い込まれている方も少なくないのではと思います。

私も30代(前半の頃ですが)に転職をしたとき、かなりのプレッシャーがあったのを今でも覚えています。

転職に失敗すれば、アルバイト、フリーターになるしかないかも・・・
今から出来るアルバイトってなんだろう?月収いくら位稼げる?

といったことも真剣に計算したものです。

結論からいうと、30代でも未経験の職種への異業種転職は出来ます
思い切って未経験職種へ転職したい場合であっても、アピールの仕方によっては内定を勝ち取ることが可能です。

これまでの職種での経験を活かせる転職を目指す場合、未経験の異業種転職であればさらに成功率は高いと言えます。

もちろん、必ず転職に成功出来るとまでは言えないのですが、転職活動の進め方、準備の仕方、狙う転職先によっては可能性を高めることは可能です。

30代と比較して、40代での転職をする場合にはさらに即戦力が求められますし、失敗できません。

そう考えると、30代は異業種転職するには最後のチャンス、といっても良いのではないでしょうか。

転職に関してのリスクをゼロにすることは出来ませんが、リスクを減らして転職活動に挑戦するためにしっかりと準備を行い、転職活動の臨んでみてはと思います。

30代向け求人が豊富な転職エージェントの活用も、重要なポイントです。

30代、未経験の業種へ転職を成功させるためのポイント

30代で未経験の業種へ転職を目指す際、転職成功のポイントとしては次のようなものがあります。

これらの他に、諦めないことも重要です。

転職成功のポイント

  • キャリアの棚卸し、アピールするポイントは具体的に
  • 志望動機を明確にする
  • 年収ダウンの許容範囲を考えておく
  • 家族がいる場合、事前に相談しておく
  • 転職に役立つ資格がある場合、可能であれば事前に取得する
  • 半年分以上、生活費を貯めておく(退職する場合)

キャリアの棚卸し、アピールするポイントは具体的に

転職活動を始める際、キャリアの棚卸しは必須です。

履歴書・職務経歴書を作成するためにも必要ですし、異業種転職を成功させるには、強みをしっかりとアピールして活躍出来ることを伝えることが欠かせません。

実績をアピールする際には、再現性があることをアピールすることも効果的です。

営業、開発、技術とそれぞれの職種において、これまでのキャリアを出来る限り詳細に棚卸ししてみてください。

転職を希望する企業の業務内容に合わせて、興味を引けるように整理することも必要です。

30代という年齢、そして異業種への転職ということを考えると、やる気や熱意のアピールだけではなく、実績とその詳細、転職後にどう活かして仕事を行い企業活動に貢献していくか、といったことも話をしたいものです。

20代であれば熱意をアピールすることでポテンシャル採用もあり得ますが、30代ではそれを期待するのは厳しいと言えます。

逆の立場、もそ面接官であれば、熱意のアピールばかりをする30代の応募者は採用したいとは思わないのではないでしょうか。

今までのキャリアを棚卸しし、しっかりとその経験を活かして貢献出来ることを具体的にアピールすることが必要です。

志望動機を明確にする

志望動機を明確にすることも、とても重要です。

異業種へわざわざ転職を目指すのですから、人事担当者、面接官が納得する志望動機が必要です。

「なぜ、異業種転職を目指しているのだろう?」

という疑問を解消できなければ、書類選考を通過して面接に辿り着くことも難しいといえます。

面接ではさらに詳しく志望動機を説明することになりますから、しっかり話すことが出来るように志望動機を明確にしておくことがとても大切になります。

年収ダウンの許容範囲を考えておく

未経験、異業種転職をする場合、年収アップすることは稀です。
よほど前職での給与が低く、転職先の業界の平均年収などが高い場合には年収アップする可能性はありますが、基本的には年収ダウンする方が多いでしょう。

企業側としては、例えば前職で実績があったとしても採用後、同様に活躍出来るかは未知数です。
いきなり高年収で採用するにはリスクが大きいと考えるものです。

もちろん、お持ちのスキルや実績などが転職先の企業にとって、とても必要なものであれば採用を確実にするために高年収を提示されるケースはあります。

ただ、一般的には異業種転職の場合には年収ダウンすることが多いと考えて、生活設計をした方が良いでしょう。

年収ダウンの許容範囲を考えておくことも重要です。

とはいえ、生活費がこれ以上下がると生活が難しい、というラインもあると思いますので最下限の年収ダウンも決めておかれると良いのでは、と思います。

家族がいる場合、事前に相談しておく

30代、ご家族がいる方も多いと思います。

転職が決まってから妻(夫)に伝えよう、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

心配されるから・・・
反対されるから・・・

とはいえ、転職を目指す場合には、異業種転職ではなくても事前に家族へは伝えておいた方が良いです。

転職すると、生活に変化がある場合が多いためです。

後々家庭でトラブルが発生してしまうと、仕事に大きく影響します!

気合いを入れて活躍して認められなければならない時期に、家庭のトラブルでモチベーションが上がらず、悩みを抱えてしまう・・・といったことは避けなければなりません。

まして異業種転職する場合には、年収ダウンすることも多いです。

生活費の内訳、支出のバランスも変わってきますから必ず、事前に転職を目指すことを伝えて理解を得ることが必要といえます。

安心して転職活動できるのと、そうでないのとではかなり転職活動への取り組み方が違ってきますよ。

転職に役立つ資格がある場合、可能であれば事前に取得する

未経験、異業種転職を目指す場合にはアピールできるものはあるに越した事はありません。

また転職を希望する業界で仕事をするために必要な資格がある、といったケースもあるでしょう。

資格を取得しておくことで、客観的にスキル・知識を持っていることを証明することが出来ますし、本気で転職を目指していることのアピールにもなります。

転職に役立つ資格、業務にもし必要な資格があるようでしたら事前に取得をしておかれると良いでしょう。

半年分以上、生活費を貯めておく(退職する場合)

もし事情があって退職する場合には、転職活動が長期化することも想定して半年以上、一年など生活が出来るように生活費を貯めておくことが必要です。

また未経験の業界への転職の場合、年収ダウンを想定することも必要となりますが、実際に年収が下がった際にも生活費を補填できます。

異業種転職を目指すことを決めた後は、出来る限り支出を控え、貯蓄に回すことをオススメします。

お金が無くなってくると、やはり焦りから妥協してしまいやすくなります。

特にご家族がいる場合には、極端にいうと入社してからキツイことが分かっていたとしても、仕事に就ければ良い・・・ということで考え始めてしまう可能性もあります。

せっかく意思あって異業種転職を目指したのですから、転職活動でそれに挫折するのは避けたいですよね。

転職活動の費用、生活費、転職後の年収ダウンによる生活費の補填。

お金があれば、選択肢が増えます

少しでも多く、お金を残せるように貯蓄をされることをオススメします。

30代 未経験転職 成功のカギは「行動量」

30代で異業種転職を目指す場合、正直、一発一中は難しいです。

希望の仕事内容、働き方が出来る企業を数社以上、出来れば10社など転職活動を進めながらピックアップしたいものです。

場合によっては5社、10社と転職活動を継続する必要があるかもしれません。

同業種であれば評価されやすい経験、スキルをお持ちであっても、異業種転職の場合には、応募する企業によってはそこまでアピールできない可能性もあります。

転職活動が長期化するのは避けたい、という方も多いのではないでしょうか。

情報収集を詳しく行う必要がありますが、情報収集能力は転職エージェントがやはり優れています。

私たち個人が知ることが難しいこと、例えば今回の採用ではどんな人材を優先して採用したいかといったことも、人事担当者と情報交換をして把握している場合もあります。

あなたと企業をマッチングさせることが仕事ですし、双方が満足できる転職を目指すのが転職エージェントです。

その結果として、売上げが立つことになります。

転職エージェントを利用することで求人を複数提案してもらうことが可能です。

もちろん独自で転職活動を並行して進めても大丈夫です。
進み具合によって、面接日の調整なども行ってもらえますよ。

転職成功のためには、積極的に応募をすること、行動量をキープすることも重要となってきます。

30代での異業種転職を目指す方をサポートしてくれる、転職エージェント

30代、未経験で転職を目指す場合には自力で転職活動を進めるよりは、転職エージェントの力を利用する方法がおすすめです。

情報収集能力は、やはり転職エージェントは優れています。

30代のキャリアチェンジに関しても実績の多い転職エージェントとなります。

これまでのキャリア、経験を活かしての異業種転職に関してもサポートをしてもらうことが出来ますし、具体的に求人を提案してもらうことで効率良く転職活動を進めていくことが可能です。

doda

業界トップクラスの求人数、転職支援実績を誇るdodaです。

未経験から新しい職種に挑戦!キャリアチェンジを目指せる求人も豊富に所有しています。
30代向けの正社員求人も豊富です。

dodaは未経験OK、異業種転職を目指す方におすすめの転職エージェントです。

30代でも応募可能な未経験正社員求人も多数あります。

全国対応です。

⇒ DODA 公式ページはこちら

リクルートエージェント

業界トップクラスの求人数、リクルートエージェントは成功実績No.1の転職エージェントです。

非公開求人も業界トップクラス。

相談拠点数も非常に多いため、相談しやすいです。

異業種転職の場合、コンサルタントと面談してしっかりと希望条件、転職の動機なども伝えることが重要といえますので、拠点がお住まいのエリア、隣接エリアにあることも重要です。

⇒ リクルートエージェント 公式ページはこちら

type転職エージェント

type転職エージェントは一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)で転職を目指す方にオススメの転職エージェントです。

対応エリアが上記2つの転職エージェントを比べて限定されるため、知名度は落ちるかもしれませんが、設立が1993年と老舗の転職エージェントです。

異業種転職の事例も多数、年収アップの転職支援が強みです。
年収ダウンを想定している方も多いと思いますが、出来る限り年収を下げない転職をしたい場合にも相談されてみてはいかがでしょうか。

⇒ type転職エージェント 公式ページはこちら

ワークポート

元々はIT・WEB業界に特化した転職エージェントでしたが、今は非常に広範な業界・職種の求人を扱う総合転職エージェントになっています。

ただ今でもやはりIT・WEB業界の求人には非常に強いです。
未経験からIT・WEB業界の開発職、営業職、コンサルタントなどへの転職を目指す方は、ぜひ相談してみてください。

その他の業界に関しても、求人が豊富です。
30代も応募可能な正社員求人も多数あります。

ワークポートは全国対応です。

⇒ 未経験からの転職にも強いワークポート(WORKPORT)

30代 未経験 異業種転職に転職エージェントを利用すべき理由

30代、特に35歳以上と後半の年齢になってくると異業種転職するのは簡単ではありません

一人で転職活動をすると迷うことも多く、大変です。
不採用が続いてしまった場合、どこを修正して良いか分からずに途方に暮れることもあるんですよね・・・。

もちろん、企業に不採用の理由を聞いても教えてくれることはほぼありません。
そのため、同じ失敗を再び繰り返す可能性もあります。

転職エージェントを利用した場合、不採用になった理由も企業側に確認をしてもらうことが出来ます。
それを次の応募に活かすことが出来るのは、大きな違いになってくると言えます。

転職エージェントを利用することで、迷いがちな転職活動で相談することも出来ますし、希望に沿った求人も紹介してもらうことが出来ます。

担当コンサルタントに背中を押して貰えることもあるでしょう。

今までの職務経歴を棚卸しをして、企業にアピールできる部分を探す作業も、プロの視点からアドバイスしてもらうことも出来ます。

企業にアピールするための履歴書・職務経歴書の作成もサポートしてもらえますし、面接対策も万全にすることが出来ます。

一人での転職活動よりも、転職エージェントを利用した方が内定獲得の可能性が上がると言えます。

30代で未経験の業種へ転職を目指す場合、転職エージェントを利用して転職活動を進める方法をオススメしたいと思います。

-転職
-,

Copyright© 【マネシゴ】子育て世代のお金・仕事をテーマにしたブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.