育児グッズ いらなかったもの

育児

育児グッズ 結局、いらなかったもの

投稿日:

育児グッズ いらなかったもの

育児グッズ。結局いらなかったもの、たくさんあります。
逆に便利で重宝したもの、必要不可欠な育児グッズ、ベビー用品もあります。

3人の子育て経験から育児グッズの中でも、結局いらなかったものをご紹介したいと思います。

購入したり、レンタルしたりも出来るものもありますが、出来るだけ余計な出費は避けたいですよね。
子育てしているとお金がどんどん出ていきます。
節約できるところは節約したいです!

使わない育児グッズ、ベビー用品を用意するほど、お金の無駄はないかなと思いますので少しでもこれからの育児にご参考になりましたら嬉しいです。

結局いらなかったよね?育児グッズ

育児の楽しさを見いだすのが大切です!途中から
思い起こせば、1人目の子供が生まれるとき、期待に胸を膨らませてというか何が育児に必要なんだろう?
という不安もあり、色々なものを準備しました。

雑誌も何種類も購入して参考にしながら用意した育児グッズ・ベビー用品の数々。

実際、買わなくても良かったもの。
他のもの(家にあるもの)で代用できたものもたくさんあります。

子育てにはお金がかかります

節約できるところは節約した方が良いと思いますので、ご覧いただいて少しでもこれからの出産・育児準備のご参考になればと思います。

ベビーベッド

最も不要だったと思うのが、ベビーベッドです。

ちゃんと使っていた期間、ほとんどありませんでした。
一番下の子にいたっては、一度も使わず。

結局、日中はリビングに寝るスペースを用意してお昼寝させていましたし、寝る時は布団に並んで寝てました。

添い寝しないと寝ませんし、やっと寝てくれた・・・と思ってベビーベッドに置こうとすると、高確率で起きるので途中で諦めました。

物置場としてもベビーベッドは場所を取りますし、落下防止の構造上、物を置くにも使いにくい。
一番不要な買い物でした。

ベビーベッドはレンタルもあるので、上の子がそこそこ小さくて踏んだり、上に乗っかったりが怖い場合には、レンタルで十分ではと思います。

ベビーバス

最初は使っていたベビーバス。
ですが、途中から一緒にお風呂に入って洗ってあげていましたから、あっという間に不要品に。

パパの帰宅が遅く、他にも小さなお兄ちゃん、お姉ちゃんがいて一緒にお風呂に入るのが難しいママさんにはあると便利かもしれません。

我が家では、2人目、3人目では出番ほぼ無しでした。

ベビー布団・枕

まず、ベビー枕はタオルで代用するので十分です。
赤ちゃんはミルク、母乳などよく戻しますよね。

タオルならその都度洗いやすいのが一番の理由です。

ベビー布団も同様ですし、同じ布団に入って寝かしつけることが多いので、特に赤ちゃん用にベビー布団は必要なかったな・・・と思いました。

小さい時はタオルを掛けるので十分です。
布団だと窒息が怖くて、というのもありましたしね。

実際、一度も使わずにリサイクルショップに売りました。

A型ベビーカー

A型ベビーカーは、あまり我が家では出番の無い、高価な買い物になりました。

どっちかというと、すぐに買い換えたB型ベビーカーの方が使用頻度は高かったです。

まずA型ベビーカーを使うような小さな時期には、抱っこひもなどで十分です。

ベビーカーには、泣いて乗ってくれない時も多かったですし、最初は機嫌良く乗ってくれていても、途中から泣き出してしまって抱っこ。
するとA型ベビーカーは重くて抱っこしながら移動するには、とても大変なのです。
荷物も基本リュックですし、遠出するときは車で夫が一緒ですから余計にベビーカーは不要!

数万円する金額を考えると、A型ベビーカーは一番お金がもったいない買い物だったかな・・・と思います。

もちろん、日中のお出かけにはあった方が便利な場合も多いです。

A型ベビーカーに関しては、ご自分達の生活を考えてシミュレーションしてみて、必要そうなら買うのが良いのでは、と思います。

A型ベビーカーは重い、というのはママには辛いポイントになります。

とりあえず出産準備リストに載っていたから買っておく、では不必要になる可能性は高いかもしれません。

それならB型ベビーカーを準備しておいた方が長く使えそうかな、と思います。

哺乳瓶

我が家は3人とも哺乳瓶はイヤがる派。
全然、飲んでくれませんでした。

どうしても用事があって実家に日中預ける必要があったときも、哺乳瓶では飲んでくれず、帰るまで泣いていたということも。

我が家ではほぼ出番無しでした。

ただ、これも赤ちゃんによりますし母乳の出が良くない場合、託児が必要なママさんには必要かなと思います。

哺乳瓶、ミルクは用意しておけば安心であることには間違いないと思います。

湯温計

お湯の温度を測る湯温計ですが、なんか気付けば途中から手で温度を確かめていましたので、不要になっていました。

我が家はそうではありませんが、最近のお風呂は温度を設定できるそうで。
そうなると余計に湯温計は不要ですね。

赤ちゃんのお風呂での遊び道具にも力不足でしたので、不要かなと思いました。

体重計

体重計もあまり必要なかったですね。
自宅では計りませんでした。

イオンとかでも保健師さんがきての育児相談、みたいな場所で体重を買い物ついでに計ることはしてました。

子供の体重に悩むことがなかったため、とも言えるかもしれません。

オムツ用ゴミ箱

臭い対策にカートリッジ付きのオムツ用ゴミ箱もあります。

しかし、高い。

正直なところ、赤ちゃんのオムツは途中から超臭いのであまり溜め込まずにしっかり縛って定期的にゴミ出していました。

専用のゴミ箱ではなくても、蓋付きのゴミ箱で十分に代用できますよ。

オムツを捨てるときに臭いが気になるのであれば、消臭対策がされたビニール袋を用意しておけば十分です。

中には、コストコのサランラップでしっかり巻いて臭い対策という方も。

バウンサー

3人目の時に使ってみたかった!あったら楽かな?ということもあり、試しに購入してみたバウンサーですが、全く使えませんでした・・・。

バウンサーに乗せると機嫌が悪くなりますし、寝返りができるようになると余計に嫌がるように。

バウンサーは全く出番のない育児グッズの買い物でした・・・。

バンボ

バンボも出番が無く、買わなくてもよかったよね・・・と思うベビーグッズになりました。

すぐに大きくなり、バンボに体、足が入らなくなったんですよね。

一度、バンボから子供を出すのもとても苦労したことがあって。
本人も出たいのに出れないからか、超大泣きヽ(´o`;

購入を後悔した一品です。

その他、不要かも?という育児グッズ・ベビー用品

育児グッズ・ベビー用品、たくさんの種類があります。
中には、検討してみて結局買わなかったものもたくさんあります。

もちろんお子さんそれぞれ、ご家庭それぞれと思いますので、参考までにご覧頂ければと思います。

クーファン

クーファンは使ったことが無いので使い勝手は分からないのですが、クーファンも不要だった、あっという間に荷物置き場に・・・という口コミなどは多いですね。

おしっこキャップ(おしっこブロック)

オムツ替えの時に赤ちゃんにおしっこを引っかけられた経験、何度もあります。
ウン○が飛び出てきた経験もありますね。

しかし、オムツ替えも慣れてくると一瞬でオシッコが飛んでこないようにガードすることが出来ます!

なので不要と思うのが、おしっこキャップです。

それよりも困ったのは、赤ちゃんのお風呂でのウン○ですね。
私は経験が無かったのですが、夫は3人とも数回ずつやられていましたね・・・。

「ああーーー!!出た!出ちゃったよ!」

という叫び声がお風呂から聞こえたので、駆けつけてみるとそこにはお風呂から緊急避難し、赤ちゃんを抱えている夫と汚れたお風呂・・・。

ウン○風呂です。

おしっこキャップと関係無いですが、お風呂掃除とか後始末がとても大変で。
(夫が全部片付けてくれましたけれど)

お気を付けください。
(というか、気をつけようがないし逃げ場も無いのですけどね)

育児グッズ いらなかったもの、まとめ

色々な育児を購入したり、レンタルして(時にママ友からもらったり)遣ってきましたが、

結局いらなかった育児グッズ

で主なものをご紹介いたしました。

他にも思い出せば、いらなかったよねな育児グッズ・ベビー用品は色々ある気がします。

子供の服とかもママ友で融通し合ったりもすると思うんですが、体が大きな我が家は、貰った時点で小さくとても困ってしまった経験が多いです。

お友達のお子さんのサイズをしっかり聞いてから、がオススメです。

もちろん育児グッズへの考え方、使い勝手などは人それぞれ。
便利にお使いになられているママ・パパも多いと思います。

あくまで個人の使用感ということでご参考になればと思います。

数ある育児グッズの中で、買って良かった!無いと困る、という子供たちがある程度大きくなった今でも活躍中なのがベビーモニターです。

なぜ我が家でベビーモニターが未だに活躍中なのか、理由も合わせて書いています。

⇒ ベビーモニター おすすめランキング

-育児
-,

Copyright© 【マネシゴ】子育て世代のお金・仕事をテーマにしたブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.